たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

生まれてきたことに感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食物を与えてくれる大地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由に分かり合える空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての源母なる海

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てに感謝すれば

 

 

 

 

 

 

生きること生まれてきたこと

 

 

 

 

 

それ自体が素晴らしく

 

 

 

 

 

 

それだけで喜びを感じる

 

 

 

 

 

 

そしてその命の限り

 

 

 

 

 

 

人様のために

 

 

 

 

 

あるいは地球のために

 

 

 

 

 

 

 

 

自分という我を捨てて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人のために尽くすことが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれてきた意味であり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喜びである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいなことをずっと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺じゃないなにかが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺にずーーーーっと言ってくんねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の耳元でずーーーーっとささやいてんねん

 

 

 

 

 

 

 

俺じゃないで

 

 

 

 

 

ほんまに

 

 

 

 

 

俺がそんな偉そうなこと思うわけないやん

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子かわいいなーぐらいやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が思うとしたら

 

 

 

 

 

 

いやそれさえ俺じゃないかもしらん

 

 

 

 

 

 

 

絶対おかしいやん

 

 

 

 

 

 

明らかにおかしいやん

 

 

 

 

 

 

 

でも思いつくねん

 

 

 

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

 

 

 

俺じゃない

 

 

 

 

 

今しゃべってる

 

 

 

 

 

 

 

 

俺以外のところからなんらかのメッセージみたいなんがずっと勝手に迷惑メールみたいにくんねん

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも見て見ぬ振りするけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに良いこと書いてあるし

 

 

 

 

 

おっ

 

 

 

 

って思うときあんねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう時は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも勘違いしやんといて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは俺じゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の心の中にある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かしらん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ偉い人

 

 

 

 

 

めっちゃ悟ってる人

 

 

 

 

 

 

 

俺ちゃうで

 

 

 

 

 

 

 

俺は毎日ボーッとして

 

 

 

 

 

 

 

女の子とデートしたいなーとか

 

 

 

 

ゴロゴロしてーなーとか

 

 

 

 

はよ死ねへんかなーとか

 

 

 

 

めんどくせーなーとか

 

 

 

 

 

そんなことばっか考えてるのが俺やから

 

 

 

 

 

 

俺がたまに変なこと言うのは

 

 

 

 

 

 

俺の中におる変な人が

 

 

 

 

 

 

「おい、これ言えって。これ絶対おもろいって。言ってみろって。」

 

 

 

 

 

って言ってきて

 

 

 

 

 

 

 

言わされてる

 

 

 

 

 

 

 

 

気がする

 

 

 

 

 

 

 

だって別に言いたくないし

 

 

 

 

言ったところで頭おかしいやつやと思われるだけやし

 

 

 

 

 

 

でも言ったらなんとなく気持ちよくて

 

 

 

 

 

 

 

言わんかったらなんか気持ち悪いねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから言う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうことや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわリンゴジュース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子の苦労

 

 

最近

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変やなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってほんまに思うねん

 

 

 

 

 

俺は今まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子って普通に可愛いと思っててん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも実際かわいいんじゃなくて

 

 

 

 

 

 

かわいく見えるようにしてるって知って

 

 

 

 

 

 

すごいなぁ

 

 

 

 

 

って思った

 

 

 

 

 

 

髪の毛もあれただ単に綺麗なんちゃうで

 

 

 

 

 

 

お手入れしてるから綺麗やねんで

 

 

 

 

 

知らんかった

 

 

 

 

 

 

お肌も普通にすべすべなんちゃうで

 

 

 

 

 

 

ボディクリームとか

 

 

 

保湿クリームとか

 

 

 

 

マッサージとか

 

 

 

 

 

 

 

そういう努力があってすべすべやねんで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリートメントもあれやで

 

 

 

 

600円とかそんなんちゃうで

 

 

 

 

 

すっくないのに1300円とか

 

 

 

 

もっとするやつとか

 

 

 

 

 

トリートメントだけじゃなくて

 

 

 

 

コンディショナーもいるし

 

 

 

 

 

 

シャンプーもいい匂いするやついるし

 

 

 

 

 

 

 

乾かす時も洗い流さないトリートメントみたいなやつもいるし

 

 

 

 

 

 

すね毛そらなあかんし

 

 

 

 

わき毛もそらなあかんし

 

 

 

 

 

腕毛もそらなあかんし

 

 

 

 

 

 

 

 

そるときのせっけんもいるし

 

 

 

 

 

 

化粧落とすようの洗顔いるし

 

 

 

 

 

 

 

 

もーなにもかも多いよな

 

 

 

 

 

 

 

お手入れグッズみたいなんが

 

 

 

 

 

 

 

 

男なんか

 

 

 

 

 

 

せっけんとシャンプーだけでいけるもんな

 

 

 

 

 

ガチで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧の道具も多すぎるやろ

 

 

 

 

 

 

目のパーツだけで何個あんねん

 

 

 

 

 

 

 

知らんけど

 

 

 

 

 

 

まつげうえにあげるやつとか

 

 

 

まぶた二重にするやつとか

 

 

 

 

あいらいん

 

 

 

あいしゃどー

 

 

 

 

 

よくわからんけど

 

 

 

 

 

いっぱいあるやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おとこなんか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワックス

(1000円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のみ

 

 

 

 

 

 

 

やからな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下手しい800円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからな

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な女の子とデートするのって

 

 

 

 

 

 

タダじゃないと思うねん

 

 

 

 

 

 

もー綺麗な時点でお金かかってるわけやから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おごってあげやなあかんと思う

 

 

 

 

 

 

 

綺麗でいるためにお金使ってんねんから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男はそれを拝ませていただくという

 

 

 

 

 

いわば見物料でご飯おごってあげたほうがいいと思う

 

 

 

 

 

でも女の子からそんなこと言われへんやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちはきれいになるためにお金使ってます

 

 

 

だからおごりなさい

 

 

 

 

 

とかよーいわんやん

 

 

 

 

 

 

 

だから俺がいう

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な女の子とデートするんやったら絶対おごったほうがいい

 

 

 

 

 

 

てかデートする時点でおごったほうがいい

 

 

 

 

 

 

 

あと褒めてあげたほうがいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じょーだんでも「毛深っ!」

 

とか言ったらあかん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺普通に言ってたけど笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子はそーゆーのってじょーだんでも意外と傷つくらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に言ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

じょーだんでも

 

 

 

 

 

 

ほめたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外に喜んでると思う

 

 

 

 

 

「もうえってー!」

 

 

とかいいながら

 

 

 

 

 

 

内心よっし

 

 

 

 

って思ってると思うねん

 

 

 

 

 

 

 

だから女の子はじょーだんでもほめてあげたほうがいいと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子の苦労を知るからこそ

 

 

 

 

 

 

 

どうしたら喜ぶか

 

 

 

 

 

どうしたら嬉しいのか

 

 

 

 

わかるはず

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

そういう女の子の笑顔を見ることこそが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち男にとって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高の喜びではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

行きたいところがあれば連れて行ってあげる

 

 

 

食べたいものがあったら食べさせてあげる

 

 

 

 

着たい服があったら買ってあげる

 

 

 

 

 

ロマンチックな演出して喜ばせてあげる

 

 

 

そうすることで生まれる

 

 

 

 

 

 

好きな女の子の笑顔

 

 

 

 

喜ぶ顔

 

 

 

 

 

ありがとうの言葉

 

 

 

 

 

 

 

そうやって素直に純粋に女性に喜んでいただくことこそが

 

 

 

 

男として生きる価値があるのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はそう思います

(個人的に)

 

 

 

 

 

長くなりましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで終わらせていただきます

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に一言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切にしよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年6月27日

 

 

 

 

 

女の子大好き委員会会長

 

 

 

 

 

 

 

福本でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

 

 

 

 

誰も偉くない

 

 

 

人間は誰も偉くない

 

 

 

 

 

勉強ができるからとか

 

 

 

 

スポーツができるからとか

 

 

 

 

 

お金持ちやからとか

 

 

 

 

 

 

そんなん関係ない

 

 

 

 

 

みんな一緒で

 

 

 

 

 

みんなおんなじぐらい悩んでる

 

 

 

 

 

 

自分だけ偉いことなんか絶対にない

 

 

 

 

 

自分が偉いと感じるのは

 

 

 

 

 

周りが支えてくれてるから

 

 

 

 

 

 

あたりまえにあるものは

 

 

 

 

 

 

 

あたりまえじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家も土地も食べ物も権利も姿形も

 

 

 

 

 

 

あたりまえやけど

 

 

 

 

 

 

そのあたりまえは

 

 

 

 

 

 

 

みんなで作ってる

 

 

 

 

 

 

 

みんなであたりまえにしてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分だけが偉いと思うな

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあたりまえをバカにしたらあかん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのキレイなあたりまえがあるからこそ

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る時にキレイな夢をみれるわけやねんから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたりまえをあたりまえにしてるみんなが偉いねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうことを言いたかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

青春の終わり

 

 

 

俺は自分の青春を駆け抜けた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全力やった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後先なんか全く考えてなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただその一瞬が楽しかったらそれで全部いいと思ってた

 

 

 

 

 

そうやって

 

 

 

 

 

駆け抜けすぎて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二度と戻られへんかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道という道がぐちゃぐちゃになってて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二度とあの頃と同じようにその道を駆け抜けれる気がしやんかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その道をずーっと辿って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番はじめの地点に立った時思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー青春って一回やねんなって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから青春やねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってわかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は悲しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーもう二度と青春はできひんねんなぁって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃の無敵感とか輝きとか自信とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そーゆーのはもう終わったんやなって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諦めたら終わりやから

 

 

 

 

 

 

諦めんとこって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと必死にしがみついてきたけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しがみつけばつくほど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにやってんやろ…おれ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って思うねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんまはこんなはずじゃなかったんやけどな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやっても超えられへん壁みたいなのがあって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その壁のせいというか

 

 

 

 

おかげというか

 

 

 

 

 

 

俺が行く道がやっとわかったような気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺本人があの青春を二度とみることはできひんけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の人の青春してるのを俺が共感することはできると思うねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから俺は他の人の夢とか青春を応援する側にまわるわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんまはそっち側にはできたらまわりたくなかってんけどな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんやろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本能的になんてゆうか

 

 

 

 

 

心の奥底からそっちやろうな

 

 

 

 

 

 

 

ってずっと思ってた

 

 

 

 

 

 

 

 

見て見ぬ振りしてたけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はもうじゅうぶん駆け抜けた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高に楽しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにも言い残すことはない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は違う人が最高に楽しむ番やと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって人生の晴れ舞台は入れ替わっていくんやと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負け惜しみじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

本音でそう思ってる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあじゃあやろかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺もそろそろ本格的に大人になろかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は子供の時お小遣い月に500円しかもらわれへんかった

 

 

 

 

 

 

でもそれでもめっちゃ幸せやった

 

 

 

 

 

 

今は月に20万ぐらいもらってるけど

 

 

 

 

 

 

あのときほど幸せじゃない

 

 

 

 

 

 

 

俺は高校生の時ニキビいっぱいあって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ニキビさえ治れば後は何もいらん、ニキビさえ治ったら俺は一生幸せでおれる」

 

 

 

 

って思ってた

 

 

 

 

 

けど今ニキビできてないのにそんなに幸せじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会人なりたての時にもう死のう、自殺しようって何回も思ったけど

 

 

 

 

 

 

 

 

辞めてフリーターして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今結構幸せや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の気持ちと今の気持ちは関係ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の気持ちをいつまでも気にしてたらあかん

 

 

 

 

 

 

 

大切にはして良いと思うけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去のせいにして今を生きやんのは

 

 

 

 

 

違うと思う

 

 

 

 

 

 

過去は過去

 

 

 

 

今は今

 

 

 

 

 

 

 

昔こんなこと言ってたけど

 

 

 

 

 

今はこう思う

 

 

 

 

 

 

じゃあ今はこうする

 

 

 

 

 

 

それでいいやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今を生きよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって俺今楽しいもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

最近仕事忙しくて休みの日にしかブログ書かれへんから今のうちにいっぱい書いとこって思うんやけど、今回俺が何を言いたいかっていうと女の子ってやっぱり死ぬほどかわいいよな。

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近仕事ばっかりで

 

 

 

 

 

休みがなかったから

 

 

 

 

 

ブログかかれへんかったけど

 

 

 

 

 

 

 

書きたいことはいっぱいあんねん

 

 

 

 

 

だから書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近おれオネエなんかな?

 

 

 

 

 

 

アイファンのカバー汚なったから

 

 

 

 

 

 

買い換えよーと思って

 

 

 

 

 

 

 

選んでたんやん

 

 

 

 

 

 

 

そういう時俺いっつも

 

 

 

 

 

直感で選ぶタイプやねん

 

 

 

 

 

あ、なんかこれいい

 

 

 

 

 

ってなったら買うみたいな

 

 

 

 

 

 

 

 

それで

 

 

 

 

なぜか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肌色に近い

 

 

 

 

ピンクゴールドみたいなカバーがめっちゃいいなって思ってしまって

 

 

 

 

 

 

しかもその理由が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかかわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていう理由やねんな

 

 

 

 

 

なんかかわいかってん

 

 

 

 

 

カバーにかわいさとか絶対いらんと思ってたけど

 

 

 

 

 

なんかかわいいこれ

 

 

 

 

かわいさとりいれよ

 

 

 

 

みたいになって

 

 

 

 

 

 

買ってもうた

 

 

 

 

 

 

オネエやん

 

 

 

 

 

 

後なんやろ

 

 

 

 

 

女の子の気持ちめっちゃわかるし

 

 

 

 

 

気分がコロコロ変わるから

 

 

 

 

自分でもどうしたらいいかわからんくなって

 

 

 

 

 

他人任せにしてまうこととか

 

 

 

 

 

 

オネエやん

 

 

 

 

 

オネエっていうか

 

 

 

 

 

 

 

乙女やん

 

 

 

 

 

 

お弁当自分で作ったりとか

 

 

 

 

 

部屋の芳香剤こだわったりとか

 

 

 

 

 

 

 

年下の男の子もかわいいと思ったりとか

(いや、もちろん女の子もかわいいで。てかむしろ女の子はもっとかわいいで。そこははっきり言わして。ほんまに、ガチで。)

 

 

 

 

 

 

 

後、あいまいな関係の人が増えたり

 

 

 

 

 

 

 

 

ネイルしたり

 

 

 

 

マッサージしたり

 

 

 

 

スムージー飲んだり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネイルからはうそやけど

 

 

 

 

 

 

 

でも他はほんまやわ

 

 

 

 

 

オネエやん俺

 

 

 

 

 

 

オネエなんかな

 

 

 

 

 

 

 

でも女の子はめっちゃ好きやで

 

 

 

 

 

以前にも増して好き

 

 

 

 

 

 

前は女としてだけ好きやったけど

 

 

 

 

 

今回は女としてもやし、

 

 

 

 

 

 

女の子っていうか

 

 

 

 

少女っていうか

 

 

 

 

妹とか娘みたいな感じも加わって

 

 

 

 

 

 

よりいっそう好き

 

 

 

 

 

 

もーたまらん

 

 

 

 

 

 

女の子ってこんなかわいいんや!!!

 

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットケーキに

 

 

 

 

 

バターだけで食べてたけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メープルシロップがかかった時の衝撃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えぐい

 

 

 

 

 

女の子って死ぬほどかわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝からどころか

 

 

 

 

 

 

腰から砕け落ちそうになるときあるもんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ…もう…かわいすぎるからそんなこと言うのやめて…

 

 

 

ってなる

 

 

 

 

 

 

あーかわいい

 

 

 

 

 

 

女の子ってほんまかわいい

 

 

 

 

 

 

 

うそついたりするところもかわいい

 

 

 

 

ずる賢いところもかわいい

 

 

 

 

もーなにもかもかわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘えられたらもーあかん

 

 

 

 

 

 

白目むくわ

 

 

 

 

 

白目が一周して下から黒目返ってくるぐらいかわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺娘欲しいな

 

 

 

 

 

 

死ぬほどかわいがってあげれそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんで娘の結婚式で死ぬほど泣きそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーやばい

 

 

 

 

 

 

 

 

もう泣けてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずおわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

好き、やけど好きって言われへん乙女の気持ちが…俺、なんとなくわかったで

 

 

おれ

 

 

 

 

久しぶりに

 

 

 

 

人を好きになった

 

 

 

 

 

 

好きや

 

 

 

 

 

ほんまに好きや

 

 

 

 

 

 

 

 

今だけかもしれん

 

 

 

とか冷めたこと言いたくない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでやろ

 

 

 

 

 

なんかわからんけど

 

 

 

 

 

なんか好き

 

 

 

 

 

理由とか

 

 

 

 

 

言おうと思えば

 

 

 

 

 

 

何個でも言えるけど

 

 

 

 

 

 

 

なんか1つも言いたくないな

 

 

 

 

 

 

好きな理由を言ってもうたら

 

 

 

 

 

 

 

その理由がなくなったとき

 

 

 

 

 

 

 

好きじゃなくなってしまうかもしれん

 

 

 

 

 

 

そんな気がして

 

 

 

 

 

好きなところとか言いたくない

 

 

 

 

 

全部好き

 

 

 

 

 

 

 

ほんでかわいいねん

 

 

 

 

 

 

 

外ではしっかりしてるけど

 

 

 

 

 

 

 

2人きりやと思いっきり甘えてくるところとか

 

 

 

 

ほんまはがまんしてるんやろなー

 

 

 

 

 

 

 

 

ってわかるところとか

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の方が辛いのに俺の心配してくれるところとか

 

 

 

 

 

 

 

そんなことしやんでもいいのに

 

 

 

 

 

 

そんなことしやんでも好きやのに

 

 

 

 

 

 

とかそんなことよー言われへん

 

 

 

 

 

 

ほんまはめっちゃもっと好き

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ好きやけど

 

 

 

 

 

 

そんなこともよー言われへん

 

 

 

 

 

 

言ったら離れていきそうな気がして言われへん

 

 

 

 

 

 

 

好きやけど

 

 

 

 

 

 

好きって言ったら

 

 

 

 

 

終わりそうで言われへん

 

 

 

 

 

 

 

でも好きや

 

 

 

 

 

なんか女々しいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれでもいいわ

 

 

 

好きや

 

 

 

 

 

 

 

なんやろ

 

 

 

 

なんでやろ

 

 

 

 

 

めっちゃ好きや

 

 

 

 

 

こんなこと今までなかったのに

 

 

 

 

 

 

食べたいものがあったら全部食べさせてあげたい

 

 

 

 

 

 

行きたいところがあったらどこでも連れて行ってあげたい

 

 

 

 

 

 

 

 

寂しかったらいつまでも一緒にいてあげたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかすごく好きやし愛おしい

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに人を好きになったの初めてや

 

 

 

 

 

 

昔みたいに燃えるように好きなんじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかねっとり好きや

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいねん

 

 

 

 

 

 

お前

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きや

 

 

 

 

 

 

でも好きって言ってもうたら

 

 

 

 

 

 

連絡返ってけえへんかったりしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち込むから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きやけど

 

 

 

 

 

 

 

そんなに好きじゃないことにしよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんまに好きやからこそ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きって言わんっていう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう人の気持ちがわかった気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうこと

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな