読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

独りはつらいよ

 

 

 

俺は最近縁あって、若い子と話す機会が多くなって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話してるんやけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に思う感情は

 

 

 

 

 

 

 

 

若いっていいなー

 

 

 

でもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつらガキやなー

 

 

 

 

でもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー俺は一体何をやってんやろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間が進むにつれて

 

 

 

 

俺の時だけ止まってるような気がする

 

 

 

 

 

 

 

周りはどんどん変わっていって

 

 

 

 

 

 

 

新しく出会う人もどんどん変わる

 

 

 

 

 

そしたら

 

 

俺の立ち位置も自然に変わる

 

 

 

 

 

 

いつのまにか18歳とかからしたらだいぶ年上やし

 

 

 

 

 

 

かと言って上はおじさんだらけやし

 

 

 

 

 

 

 

 

誰とも話も合えへんし

 

 

 

 

 

 

 

俺と同じような気持ちの人もおらん

 

 

 

 

 

 

 

 

俺みたいなやつはどこにもおらん

 

 

 

 

同い年のみんなも

 

 

 

 

 

 

 

みんな考え方もしっかりしていって

 

 

 

 

 

 

 

まともになっていってる

 

 

 

 

 

 

世の中に馴染んでいってる

 

 

 

 

 

 

それを思うたびに

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はすごい孤独感に襲われる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー…俺はほんまに独りなんやな。って

 

 

 

 

 

 

自分で勝手にそうなってるだけって言われたらそうかもしれん

 

 

 

 

 

 

 

けど、なんか生き方を妥協したくない

 

 

 

 

 

 

っていう気持ちが強い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど

 

 

もちろん仲のいい友達もおるし

 

 

 

 

 

 

 

大切に思ってくれる家族もおる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、心のどっかでなんか違う

 

 

 

 

 

あーこれが幸せなんやな

 

 

って思おうとしても

 

 

心の底の俺が「なんか違うやろ」って言ってるのがすごい聞こえるし

 

 

 

 

 

 

それを俺は無視できひん

 

 

 

 

 

 

なんかそれを無視してしまったら

 

 

 

 

 

 

自分が自分じゃなくなる気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独はさみしいし辛いし悲しい

 

 

 

 

 

喜怒哀楽全てを誰とも分かち合うことができひんし

 

 

 

 

 

 

一緒に誰かと旅行に行ったり

 

 

一緒にご飯を食べたり

 

 

一緒に写真を撮ったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかそういう全ての普通が俺には遠い気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の底から俺は頭のおかしいやつなんやなって思う

 

 

 

 

 

 

なんで普通になられへんかったんやろう

 

 

 

 

普通に普通のことをして、それを普通やと受け入れることができてたらこんなことにならんかったやろうに

 

 

 

 

 

切実に思う

 

 

 

 

 

新しい人と出会っても

 

 

古い友達に会っても

 

 

家族とおっても思う

 

 

 

 

 

一生俺はこんな性格なんかなって思ったら

 

 

 

 

死にたくなるときもある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前の未来がめちゃくちゃこわい

 

 

 

 

だってほんまに真っ暗やもん

 

 

 

 

 

誰もおらんし

 

 

 

 

 

自分で勝手に選んだ道やけど

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃこわいわ

 

 

 

 

 

 

 

それでも自分で選んで道やから

 

 

 

 

 

まあ

 

 

 

 

 

選んだっていうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に進みたい道がなかったから

 

 

みたいなところはあるけど

 

 

 

 

 

 

まあでも

 

 

 

 

こわいもんはこわい

 

 

 

 

 

つらいもんはつらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあいいや

 

 

 

 

 

 

 

 

言いたいこと言えたからだいぶすっきりした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま何もできずに死ぬかもしれんけど

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばろう

 

 

 

 

 

 

 

生きたい自分で

 

 

 

生きよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかそのほうが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺的にかっこいい気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな。

 

 

 

バランス

 

 

 

 

 

夢なし

 

 

 

 

 

 

金なし

 

 

 

 

 

 

 

 

希望なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直俺にはなんにもない

 

 

 

 

夢も金も女も希望も頭の良さも地位も

 

 

 

なんにもない

 

 

 

なんにもないけど

 

 

 

 

その代わり

 

 

 

 

将来への不安も恐怖も欲しいものも後悔もない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラスなことがなんにもないから

 

 

 

 

 

マイナスなこともなんにもない

 

 

 

 

 

 

元々ないんやもん

 

 

 

 

 

 

失うものがなんにもない

 

 

 

 

 

一見不幸に見えるけど

 

 

 

 

 

 

このフラットな状態が

 

 

 

 

 

 

 

なんか俺はしっくりくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生楽しかったら

 

 

 

死ぬのが怖くなるし

 

 

 

 

 

人生楽しくなかったら

 

 

 

生きてるのが辛くなる

 

 

 

 

 

 

なんか俺はそのちょうど狭間が1番心地良い気がするねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かんばりすぎず

 

 

がんばらなさすぎず

 

 

 

 

自然の流れに身を任せて生きる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしようもなく好きなこと

 

 

 

 

 

 

 

言っても言わんでもどっちでもいいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく言います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人それぞれどうしようもなく好きなことってあるやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばダンスがめっちゃ好きな人とかって

 

 

 

 

もう毎日ダンスしてたいんやろうな

 

 

 

 

いつでもダンス服を着て

 

ダンス靴履いて

 

ダンス髪型して

 

 

 

ダンスがとにかく好きで日常生活のほとんどがダンスで

 

 

ダンスのことを思ってる間は全ての嫌なことを忘れれる

 

 

 

 

 

みたいな

 

 

 

 

 

そんな好きなことって誰にでもあると思う

 

 

 

 

音楽が好きとか

 

 

女の子が好きとか

 

 

スポーツが好きとか

 

 

 

別にマイナーなことでも

 

 

目に見えないものでも

 

 

 

そういう自分の脳みそが満足する好きなことって誰にでも一つはあるはずやねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも好きやからこそ自分にとって他の必要じゃないと思うものをそぎ落としていくことで好きなものは完成されていくと思うねんな

 

 

 

 

 

人によっちゃあ、優しさとか感情表現とかそういう人間らしさをそぎ落としてまで好きなものを極める人だっておるから

 

 

 

 

 

 

俺は人のことを安易に否定するのは良くないと思うねんな

 

 

 

 

 

 

その人にはその人のこだわりとか好きな方に対する情熱があって

 

 

 

 

 

そのために他のものを捨てていったりしてるわけやから

 

 

 

 

 

 

できるんやったらその人の好きなことにかけてる情熱のほうを見てあげたほうが良いと思う

 

 

 

 

 

 

あーこの人はこんなことが好きでこんな努力をしてはるんやなーって思えたほうが

 

 

 

 

 

人に対して腹立たんし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分もがんばろうってなるやん

 

 

 

 

 

 

だからみんな好きなことがあってそれに夢中なだけやから

 

 

 

 

 

 

腹立つ人がおっても嫌いになったりするのはもったいない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のためにも相手を良い人やと思う努力をしたいよな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていう話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気のせい

 

 

 

どーも福士蒼汰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やったらよかったのになって思ってる

 

 

 

福本です

 

 

 

 

 

 

 

俺は最近感じてることがあって

 

 

 

男が思う

 

 

かわいい子の定義って

 

 

 

 

 

 

顔面とかスタイルがかわいいんじゃなくて

 

 

 

 

 

その子自身が自分のことをかわいいと思ってるかどうかなんじゃないか

 

って思うねんな

 

 

 

 

 

 

自分で自分のことをかわいいと思いこんでるかどうかかな

 

 

 

 

 

だから逆やと思うねん

 

 

 

 

 

男がA子さんをかわいいと思うからA子さんがかわいいんじゃなくて

 

 

 

 

A子さんが自分のことをかわいいと思い込んでるからこそ、男がA子さんのことをかわいいと思うんやと思うねん

 

 

 

 

 

 

A子さんは自分のことをかわいいと思い込んでるから、かわいい仕草とか口調とか雰囲気がでて

 

 

 

それを異性である男がかわいいって認識した瞬間に「男に認められるかわいさ」っていうのが成立するんやと思うねん

 

 

 

 

 

 

だから顔がキレイでも態度悪かったりしたら恋愛対象にならんのとかってそういう原理やと思うねん

 

 

 

 

 

 

ようは見た目とか本当は関係なくて、その人のことを気に入ってるかどうかで恋愛って決まると思うねん

 

 

 

 

 

顔とかって結局それのストライクゾーンを広げる作業やと俺は思うねんな

 

 

 

 

 

 

 

気に入ってるかどうかっていうか

 

 

 

その人と気が合うかどうか

 

 

 

のほうがわかりやすいかな

 

 

 

 

 

 

結局「気」の問題やと思う

 

 

 

 

 

気になるとか

 

 

気にするとか

 

 

気持ちがいいとか

 

 

 

言うやん

 

 

 

その人の気と自分の気の相性がいいかどうかがなにもかも決まると思うねんなー俺は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりにくいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあいいや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別にわかりにくくてもいいような気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり

 

 

 

ほな

 

とりあえず。死ぬ。

 

 

 

 

俺は嫌なことがあったらとりあえず死ぬねんな

 

 

 

 

あーもういいや死のう。って

 

 

 

 

 

とりあえず死ぬっていうか

 

 

 

厳密に行ったら

 

 

 

今ガチで真剣に現実的に俺が死んだとしたらどうなるかっていうのをできるだけ忠実に想像するってことやねんけどな

 

 

 

 

 

 

そしたら

 

 

あーこいつは悲しむやろなぁとか

 

 

こいつはどうでもいいと思うやろなぁとか

 

 

 

あれ一回はやっときたかったなぁとか

 

 

 

海外に一回ぐらい行っときたかったなぁ

 

 

 

 

 

 

とかそういう望みとかどうでもいいこととかみたいなんが区別できるやん

 

 

 

 

 

 

 

そしたら俺は死ぬのをやめて

 

 

 

 

その思いついたやつだけを片っ端からやっていくみたいな

 

 

 

 

 

 

特にやりたいことはないけど

 

 

 

やっておきたかったことはいっぱいあるから

 

 

 

 

それを生きてる間に潰していく

 

 

 

みたいな

 

 

 

 

 

 

 

死っていう絶対的な結果があるからこそ

 

 

 

 

 

 

そこに焦点を合わせることで

 

 

 

 

 

自分の中のやりたいことの優先順位を決定していく

 

 

 

 

 

それが俺のとりあえず死ぬっていう考え方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは終わります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな。

 

 

人を傷つける力

 

 

 

 

他人には他人の理由があって

 

 

 

 

 

自分には自分の理由があって

 

 

 

 

お互い譲られへんところがある

 

 

 

 

 

それをお互いわかってるけど

 

 

 

 

それでもなおぶつからなあかんときってあると思う

 

 

 

 

 

私はこういう人

 

 

あなたはこういう人

 

 

 

それはわかってる

 

 

 

 

わかってるけど

 

 

 

私はこれ以上は引き下がれない

 

 

 

あなたがこれ以上私を傷つけるなら

 

 

 

私も私を守るために闘わざるをえない

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうときってあると思うし

 

 

 

 

 

なかったら逆にあかんものやと思う

 

 

 

 

 

それは他人を傷つけるかもしれんけど

 

 

 

 

 

反対に自分を守るものやから

 

 

 

 

 

自分への愛やと思う

 

 

 

 

 

 

そういう心に刃を持たない人のほうが平気で人を傷つけるし

 

 

 

 

傷つけたことさえ気付かんと生きてると思う

 

 

 

 

 

 

心に刃を持つからこそ人は人に優しくなれるし

 

 

 

 

 

相手を気違うこともできる

 

 

 

 

 

そういう緊張感みたいなものって必要やと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生ぬるい環境でできる幸せは

 

 

 

生ぬるい幸せでしかないと俺は思う

 

 

 

 

やるんやったらとことんやるし

 

 

 

 

やらんねやったらとことんやらん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほうがわかりやすくてよいやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうことでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたいと努力

 

 

 

俺は昔から思ってんねんけど

 

 

 

 

 

 

お金持ちになるのって幸せなんかな?

 

 

 

 

 

 

 

お金持ちになるのって努力が必要なわけやん

 

 

 

 

 

その努力が苦痛やったとしたら

 

 

 

 

お金持ちになるのって幸せじゃないと思うねんな

 

 

 

 

 

 

お金を稼ぐことと努力の苦痛が反比例するやん

 

 

 

 

 

お金になりたいっていう願いの指数が

 

 

 

そのぶん努力する苦痛の指数より

 

 

 

高くて

 

 

 

 

お金持ちなりたい指数が1.5で

 

 

努力指数が1.2ぐらいやったら

 

 

 

なりたい指数が0.3勝ってるわけやから

 

 

 

 

その結果が1日で0.3稼げるとしたら

 

 

 

1年で365×0.3=109.5

 

 

お金持ちになれるみたいな

 

 

1年で109.5ずつお金持ちになれると思うねん

 

 

 

 

 

 

そんな感じで

なりたい指数が高いか、努力指数が低いか

両方の効率がよかったらちょっとは幸せなお金持ちになれると思うけど

 

 

 

 

 

なりたくても才能がなかったり

 

 

 

才能があるけどやりたくなかったりしてもなんにも成功しやんと思う

 

 

 

 

 

 

例えばお金持ちじゃなくても一緒やと思うねん

 

 

 

 

 

プロ野球選手になりたい子がおって

 

 

 

 

なりたい指数が2.6で

 

 

 

でも野球が下手くそで相当努力しやなあかんとしたら

 

 

 

努力指数は2.5とか

 

 

 

 

そしたら1年毎日練習しても

 

 

 

結果36.5しか伸びてないわけやん

 

 

 

 

 

 

プロ野球選手になりたい指数が低い子

 

 

 

なりたい指数が1.1とか

 

 

 

でも才能はあるとして

 

 

 

努力指数が0.5とかやとするやん

 

 

 

 

そしたらさっきの子より1年練習したら

 

 

 

結果365×0.6=219

 

 

219伸びるやん

 

 

 

 

 

 

最初の子は36.5

 

 

次の子は219

 

 

 

 

ちなみにこの結果は今回の例えでいうと野球のうまさな

 

 

 

1番目の子はなりたいけど下手くそで

 

 

 

2番目の子はうまいけど別にプロ野球選手になりたくない

 

 

 

 

 

 

 

そしたらどうなるかって2人とも結局プロ野球にはなられへんと思うねん

 

 

 

 

なれるのはやりたい指数が高くて

 

 

 

 

努力指数が低い人だけやと思うねん

 

 

 

わかりやすくいったら

 

 

才能があって

 

かつ自分がやりたいと思ってること

 

 

 

 

じゃない成功しやんのちゃうかな

 

 

 

 

って俺は思う

 

 

 

 

結局どんなことやったとしてもやりたい指数が高くなかったらなにもやる気がおきへんやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

才能はやってみやなわからんけど

 

 

 

 

 

やりたいことは自分のことやからわかるやん

 

 

 

 

 

 

だからやりたいこと全力で片っ端からやっていったらいいと思う

 

 

 

 

そのうちはまればどーんって成功すると思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はそんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな