読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

おっぱい派おしり派

 

 

 

どーも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的おしり派

 

 

 

 

 

 

福本です

 

 

 

 

 

 

 

俺は昔元おっぱい派やって

 

 

 

 

 

そっから年を重ねるごとにおしりの素晴らしさに気づいておしり派になったっていう話をする

 

 

 

 

 

というかしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっぱいよりおしりやで。

 

 

 

 

 

 

 

 

おっぱいってたしかにファーストインパクトは大きいねんけど

 

 

 

 

 

 

奥行きがないねんな

 

 

 

 

 

 

エロスに

 

 

 

 

 

 

 

なんてゆうか表面的というか

 

 

 

 

 

おっぱいをどうこうして興奮できるレベルが低いと思うねんな

 

 

 

 

 

 

おしりって奥行きがすごいねん

 

 

 

 

本能的あれやから

 

 

 

 

 

 

だから最初だけやねんおっぱいって

 

 

 

 

 

最初はなんか興奮するけど

 

 

 

 

 

途中からあ、おっぱいか…

 

 

 

みたいになるねん

 

 

 

あ、またお前か。みたいな

 

 

 

 

 

 

 

けどおしりは違う

 

 

 

 

 

 

おしりって

まさか自分が興奮されるとは思ってなかった!

 

 

 

 

 

みたいな顔してるところあるし

 

 

 

 

普段はすごい無防備やし

 

 

 

 

 

おしりってその人の生き様が現れると思うねんなやっぱり

 

 

 

 

 

 

立ち姿とか

 

 

 

元々の骨格とか

 

 

 

普段からの歩く速さとか

 

 

 

 

運動の有無とか

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう私生活から生まれた時のその人の人生がおしりに詰まってると思うねんな

 

 

 

 

 

 

おしりにはそういう奥行きのある佇まいをしているのが好きやねん

 

 

 

 

 

 

 

女の人のおしりをよく見てみ

 

 

 

 

 

 

男と比べて明らかにおしりから裏側の太ももの付け根あたりにかけてだけ脂肪が多く付いてんねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はそこが好き。

 

 

 

 

 

女性ホルモンが多い人はたぶんそこの肉付きも多いねん

 

 

 

 

ほんで女性ホルモンがでてたらくびれもできやすいし

 

 

 

いいスタイルってやつになると思う

 

 

 

 

 

おしりは努力次第でどうにかなんねん

 

 

 

 

でもおっぱいってもうどうにもできひんと思うねん

 

 

 

 

 

 

 

生まれつきの遺伝子で決まるやん

 

 

 

 

 

 

 

おっぱいマッサージとかあるけど

 

 

 

 

 

 

そんな正味変わらんと思うねん

 

 

 

 

 

俺もやったことあるけど

 

 

 

 

 

 

 

あ、やったことないわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てかおっぱいなかったわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、ちょっとだけあるわ笑

 

 

 

 

 

 

 

 

まあそれは置いといて

 

 

 

 

 

 

俺はその生まれつきの遺伝子の影響で女性の魅力を決めてしまうのは非常に失礼なことやと思うねんな

 

 

 

 

 

おしりは生き様やから

 

 

 

 

 

 

 

俺はおしりを見たらその人がどういう人かわかる。

(独断と偏見でな)

 

 

 

 

 

 

いいおしりしてたら

 

 

 

 

あーこの人はいい人生を送ってるんやな。とか

 

 

 

 

 

 

太ってるお尻みたら

 

 

 

あー普段から食べ過ぎなんかな。とか

 

 

 

 

 

 

 

形の悪いお尻やったら

 

 

 

 

この人は性格がネガティブ思考なんかな。とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまにすっごい大きいおしりの人とかおって

 

 

 

 

 

あーこの人はブラジル人の血を引いてるんかな。とかな

 

 

 

 

たぶんエロいんやろうなとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしりって色々わかるねん

 

 

 

 

 

 

おっぱいなんか

 

 

 

 

うわーすげーおっぱいやー

 

 

 

ぐらいやん

 

 

 

 

 

ほんであれ実際見てるのはおっぱいじゃなくて

 

 

 

 

ブラジャーやん

 

 

 

 

 

偽ることもできるやんおっぱいは

 

 

 

 

 

 

おっぱいのそういうところがな好きじゃないねん

 

 

 

 

 

 

盛るな

 

 

 

ありのままで生きろ!

 

 

ってな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしりはほんまに素直やから

 

 

 

 

 

 

偽ることもなんかできひんし

 

 

 

 

 

むしろ日常生活の送り方から生まれつきの性格まで全部出てくるから

 

 

 

 

 

それが好きやねん

 

 

 

 

 

 

んーやっぱりおしりはいいよ

 

 

 

 

 

 

 

ほんでやっぱり女性ホルモンが出てる人ってなんかエロい雰囲気がでてるもん

 

 

 

 

顔とか関係なく

 

 

 

 

なんかエロいねんな

 

 

 

 

 

そういうフェロモンが出てるんやろうな

 

 

 

 

 

 

やし、別にキレイじゃないけど

 

 

 

なんかキレイに見えるねんな男からしたら

 

 

 

 

 

 

やから女から見て大して可愛くないのにモテる子って

 

 

 

女性ホルモンがよーさん出てるんちゃう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局はな

 

 

 

 

 

 

 

おしりやねん

 

 

 

 

 

 

おしりから始まって

 

 

 

 

 

 

おしりで終わるねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうことやねん

 

 

 

 

 

 

 

 

だから終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人ことをバカにしないほうがいい理由

 

 

 

 

 

 

他人のことをバカにしてる人っていますよね。

 

 

 

 

 

 

口に出さなくても心の中では

 

 

 

 

「あーバカだなこいつ、使えねぇなー」

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

「なに言ってんの?そんなのお前ができるわけないじゃん」

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

他人な対してそう思ってる人はやめたほうがいいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分ががんばろうとした時にその言葉が全部そっくりそのまま自分に返ってくるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人を心の中でバカにするということは

 

 

 

 

 

他人からも自分がそう思われているんじゃないか

 

 

と、いう疑念が出てきます

 

 

 

その疑念があると

 

 

 

 

 

自分が一生懸命がんばろうとしても

 

 

 

 

「あ、こんなことして実は他人にバカにされてるんじゃないかな?」

 

 

 

 

って人の心って思うんです

 

 

 

 

 

 

結果的に言えば

 

 

 

 

 

 

他人のことをバカにするということは

 

 

 

 

 

 

 

自分のことをバカにしているようなもんなんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人は自分の鏡ってよく言いますよね?

 

 

 

 

あれは本当です

 

 

 

 

自分が他人に接する気持ちが

 

 

 

 

他人から自分がどう思われているかという思い込みを作ります

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が他人に優しくしていれば

 

 

 

 

他人は自分に優しいなと感じとることができるんです

 

 

 

 

 

 

 

自分が他人にそっけなくしていれば

 

 

 

 

他人が自分に対してそっけなくされているんだなと感じるんです

 

 

 

 

 

 

 

自分が他人に対する態度が違えば

 

 

 

他人から返ってくる言葉が違っても感じ方は自分の態度が左右するんです

 

 

 

 

 

例えば上司から

 

例えば同じ怒られ方をされても

 

 

 

 

他人に普段から優しくしていれば

 

 

 

 

 

 

「あ、これは優しさなんだな」

 

 

と、思うことができます

 

 

 

 

でも、普段から他人に冷たくしていれば

 

 

「なんで自分だけこんなに怒られるんだろうれ

 

 

 

 

という考え方になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の気持ちを作っているのはあなたです。

 

 

 

 

 

 

 

自分の心のためにも他人には優しく

 

 

 

 

愚痴や、悪口などは言わないようにしたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほうが僕は幸せだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、終わります。

 

 

 

 

 

感覚を研ぎ澄ます

 

 

俺は自分の感覚って大事やと思う

 

 

 

 

今何がしたい

 

 

 

 

何をしたくない

 

 

 

 

 

そういう自分が何をして気持ち良くて

 

 

何をしたら気持ち悪いのかっていう

 

 

感覚を常に研ぎ澄ませておく必要ってあると思うねんな

 

 

 

 

 

 

だから俺は基本的にしてないことが3つあってそれを紹介します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.メディアを見ない

 

 

 

 

テレビ、ラジオ、新聞、広告、本、インターネット

 

 

 

 

 

 

基本的に俺は触れへん

 

 

 

 

 

メディアって大きな存在やからそれが当たり前みたいに思うけど

 

 

 

 

 

メディアを作ってるのも人間やし

 

 

 

その作ってる人間のモラルが俺の考えより正しいとは限らんやん

 

 

 

 

それを鵜呑みにする形でメディアを受け入れたりするのは浅はかやと思う

 

 

 

 

 

今の時代情報がすごい多いから

 

 

 

 

どの情報が正しくて、どれが間違ってるかなんか誰にもわからへん

 

 

 

 

 

わかれへんねやったら取り込まない

 

 

 

 

 

 

ほんで自分の気持ちで決める

 

 

 

 

 

 

テレビでやってたからするとか

 

 

 

そんなんじゃなくて

 

 

 

 

自分がやりたいからする

 

 

 

 

 

 

他の人とか他のことは関係ないねん

 

 

 

 

 

自分のことは自分で決めるねん

 

 

 

 

 

 

 

2.自分が嫌って感じることは絶対にしない

 

 

 

 

 

俺は自分がなんか気持ち悪いなぁって思うことは絶対にしやん

 

 

 

 

 

付け加えたら

 

 

 

これ後々になって気持ち悪くなるやつやなぁって思うことも絶対しやん

 

 

 

 

 

その一瞬は気持ち良くても

 

 

 

後に気持ち悪くなったらプラマイゼロやし

 

 

 

 

むしろ時間の無駄遣いやからマイナスやん

 

 

 

 

 

 

だから俺は嫌なことは絶対しやんし

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなことか

 

 

 

 

最低でも普通なことしかしやん

 

 

 

 

 

 

だから何か行動する時には自分の気持ちを良く考えるようにしてる

 

 

 

 

 

 

これしたら俺はどう思うんかな?

 

 

 

 

 

これ買ったら家に帰った時の俺は果たして必要やと思うんかな?

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

そうやって常に自分の感覚を確かめて生きてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.人に合わせすぎない

 

 

 

 

 

 

人間って誰でも周りから良い人やと思われたいと思うねんな

 

 

 

 

 

でも、周りの人って意外と無意識にお願いしてるもんやねんな

 

 

 

 

あれしといて、これしといてって

 

 

 

 

 

 

 

それに良い人やと思われたいからっていちいち応えてたら自分が疲れるだけやし

 

 

 

 

 

案外向こうは良い人とか思ってなくて

 

 

 

 

 

都合の良い人としか思ってないこと多々あるで

 

 

 

 

 

 

そらー自分が可能な限り人が困ってたら助けてあげたらいいけど

 

 

 

 

 

 

何でもかんでも誰かに合わせてても自分のエネルギー垂れ流しにしてるだけで

 

 

 

 

 

 

結果なにもかえってこやんから自分だけなんかぐったり疲れてる

 

 

 

みたいな状態になってしまうし

 

 

 

 

 

自分はこんなに尽くしてるのになんでもっと褒めてくれないの?

 

 

 

って思うねんけど

 

 

 

 

 

 

それって勝手に自分ががんばってるだけやねんな

 

 

 

 

 

 

別にそんなこと誰も望んでないねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

 

 

俺は自分が嫌やと思ったら絶対断るようにしてる

 

 

 

 

 

 

だって自分のためやもん

 

 

 

 

疲れるし

 

 

めんどくさいし

 

 

 

だるいし

 

 

 

なんのメリットもないやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたいこれをし続けたら

 

 

 

 

 

自分がなにをしたい

 

 

 

自分はどう生きたい

 

 

 

 

って人生単位でわかってくるもんやねんな

 

 

 

 

 

 

そうやって小さい自分のやりたいことをしていくことで自分のやりたいことを見つける方法もあるから

 

 

 

 

 

是非自分のやりたいことを見つけたい人は実践してみてほしいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな

 

 

 

 

 

スローライフ福本

 

 

 

1にゆっくり

 

 

 

 

 

2にゆったり

 

 

 

 

 

3.4がゴロゴロ

 

 

 

 

 

 

5にゆっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

どーもスローライフ福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宣言します。僕はスローライフです。

 

 

 

 

 

職業はフリーターで

 

 

 

お昼は掃除屋さん

 

 

 

夜は飲食店

 

 

で働いてます

 

 

 

 

 

でもお昼の仕事は朝8時半からだいたい17時半ぐらいまでで週4ぐらい

 

 

 

夜は20時から23時ぐらい週3ぐらい

 

 

 

 

これでだいたい15〜17万ぐらい

 

 

 

 

で、保険とかなんやらで8万円ぐらいなくなって

 

 

 

 

後のお金が自由に使えるお金

 

 

 

 

 

 

そんな生活

 

 

 

 

 

もちろんバイトやから休みたい時に休むし

 

 

 

 

お金が欲しかったら働く

 

 

 

みたいな

 

 

 

 

バイトやから別にある程度がんばってたらそれ以上がんばらんでもいいし

 

 

 

 

 

気分でがんばりたかったらがんばる

 

 

 

 

 

みたいな

 

 

 

 

 

がんばって欲しかったら時給上げてくれよって言うだけやし

 

 

 

 

 

 

 

それで文句言われたら辞めればいいだけの話やし

 

 

 

 

 

 

飽きたら辞めて次の仕事すればいい

 

 

 

 

 

 

 

止められたらじゃあ時給上げてくださいよって言うだけやし

 

 

 

 

 

それが無理やったら辞めますよって話やん

 

 

 

 

 

 

向こうが俺を必要としてる限り辞めさせられることはないし

 

 

 

 

逆に俺がサボりすぎてたら普通にクビになって終わり

 

 

 

 

 

だからやっぱり人間ある程度はがんばらなあかんと思うで

 

 

 

 

 

人並みには仕事できやなあかんと思う

 

 

 

 

 

 

それが基本やから

 

 

 

 

 

 

ただそれ以上がんばるのはよくない

 

 

 

 

 

 

 

俺は人並みに働いて

 

 

 

 

残りの時間を自分1人の時間に費やしてる

 

 

 

 

 

自分のことを考える時間とか

 

 

 

 

好きなブログ考えたりする時間とか

 

 

 

 

 

自分のコンディション整える時間とか

 

 

 

 

 

気になることを徹底的に考える時間とか

 

 

 

 

 

もちろん友達と遊ぶ時間とか

 

 

 

 

 

買い物する時間とかな

 

 

 

 

 

時間ってお金に変換できるけど

 

 

 

 

その他のものにも変換できると俺は思う

 

 

 

 

幸せとか

 

 

 

知識とか

 

 

 

仲間作りとか

 

 

 

 

愛とか

 

 

 

 

 

 

色んなものに代わるものが時間やと思うねんな

 

 

 

 

自分が欲しいと思うものに時間を費やせば費やすほどそれは大きくなると思うねんな

 

 

 

 

 

それをお金だけにしか変わらんと思ってる人がおるけどそれは間違い

 

 

 

 

 

時間は色んなものに変化するから

 

 

 

 

 

自分が時間をなにに変化させたいかっていうのが大事やと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は自分の時間に変化させて

 

 

 

 

 

 

自己満足

 

 

 

 

 

 

それが幸せ🙆‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

もちろんお金に変えて幸せって人もおるやろうけどな

 

 

 

 

 

ただそれだけじゃないってことを俺は言いたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイムイズマネーじゃなくて

 

 

 

 

 

タイムイズ全部

 

 

やわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全部の英語がわからんかった

 

 

 

 

 

 

 

せかせかしてやんと

 

 

 

 

 

 

スローに生きるのもありやで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚悟ができてればの話やけどな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ今日はそれぐらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

ほな

悲しい日の乗り切り方

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん生きていればどうしても

 

 

 

今日はクソみたいに落ち込んでる日だなーって思う日があると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はそんな悲しい気分の日の僕なりの乗り切り方を伝授したいと思います

 

 

 

 

 

悲しい気分の日の乗り切り方は4つのステップに分かれていて一つずつ紹介したいと思います

 

 

 

 

 

まず

 

 

 

その1.「悲しいということを受け入れる」

 

 

 

 

今日は悲しい気分の日だ

 

 

 

ということを受け入れましょう。

 

 

 

 

悲しい気分の日なのにそうじゃない悲しくなんかない

 

 

 

と考え込んでも悲しい想いは頭から離れません

 

 

 

むしろ悲しい気持ちが増してしまいます 

 

 

 

 

 

悲しい気分の日になにをしてもクソみたいな結果になるだけなので何もしないほうがいいです

 

 

 

 

それが悲しみの魔力です

 

 

 

 

 

 

これを僕は悲しみの蟻地獄と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2.「徹底的に落ち込む」

 

 

 

 

悲しい気分の日だとわかったら徹底的に落ち込みましょう

 

 

 

 

あーもうだめだ

 

 

 

この世の終わりだ

 

 

 

世界なんか爆発すればいい

 

 

 

 

なんで自分はこんなにダメなんだろう

 

 

みんな幸せそうだな…

 

 

 

なんで自分だけこんなにダメなんだろう

 

 

自分はなにがいけなかったんだろう

 

 

 

 

 

 

と、考えても仕方のないことを限界が来るまでうだうだ考えましょう

 

 

 

 

できればうつ伏せで顔面を床に真正面からつけて落ち込むのが良いでしょう

 

 

 

 

 

うつ伏せで顔面を真正面からつけることで落ち込むスピードが格段に上がるのでオススメです

 

 

 

 

 

 

 

その3.「開き直る」

 

 

 

 

そして、うだうだダメな理由を考えてきったところで

 

 

 

 

もういい!

 

 

わかった!

 

 

知らん!

 

 

 

 

と、開き直りましょう

 

 

 

 

 

もういい!うるさい!

 

 

 

俺はクソだ

 

 

 

 

クソ人間だ

 

 

 

 

だからなんだ?

 

 

 

 

お前に迷惑をかけたか?

 

 

 

 

かけてないよな?

 

 

 

 

 

 

じゃあ黙ってろこのクソ野郎が

 

 

 

 

と、誰もいないのに頭の中の悲しみにケンカを売りましょう

 

 

 

 

 

自分の悲しみを開き直ることで内側に溜め込んでいた悲しみが外側に放出される状態になります

 

 

 

 

この状態までくれば後一押しです

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のステップに進みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その4.「もっとこんかい」

 

 

 

 

最後はこれです

 

 

 

 

 

 

もっとこんかい

 

 

 

 

 

 

これは魔法の言葉です

 

 

 

 

 

 

寂しさ、孤独、怒り、悲しみなどの

 

 

 

 

 

 

 すべてのネガティヴな感情に対して

 

 

 

 

おら、どうした

 

 

 

もっとこんかいこら

 

 

 

 

やってみろ

 

 

 

俺を殺してみろ

 

 

 

 

 

と、言いましょう

 

 

 

 

 

開き直るを通り越して

 

 

 

 

 

 

逆に悲しみを求めてください

 

 

 

 

 

プラスな感情を受け入れるかのように

 

 

 

悲しい気持ちを受け入れましょう

 

 

 

 

僕が悲しい時の例でいうと

 

 

 

あーこれちょうどいい悲しみやわー

 

 

 

 

 

悲しすぎず悲しくなさすぎず

 

 

 

 

ちょうどええわー

 

 

 

 

ナイス悲しみやわー

 

 

 

 

とか

 

 

 

もっと悲しみをくれ!

 

 

 

 

もっともっと俺に寂しさと孤独と不安をくれよ!

 

 

 

 

いっそのこと寂しさと孤独と不安で俺を殺してくれ!!

 

 

 

 

って言ってます

 

 

 

 

 

 

すると悲しい気持ち達が

 

 

 

 

 

 

 

「うわっ…なにこいつ気持ち悪っ…だいぶ変態やん…」

 

 

 

って引きます

 

 

 

 

 

悲しみ達も変態には弱かったみたいですね 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも僕は普通の変態じゃないので

 

 

 

 

 

それだけではすまさず

 

 

 

 

 

すかさず追いかけて

 

 

 

 

 

おい!待てや!

 

 

 

もっと悲しい気持ちにしてくれよ!

 

 

 

もっともっとくれよ!

 

 

 

悲しみをもっとくれよ!

 

 

 

 

俺を殺してくれよ!

 

 

悲しい気分にさしてくれるんじゃなかったんかよ!!

 

 

 

 

この裏切り者!!

 

 

ボケ!

 

最低!

 

ゴミクズ!

 

甲斐性なし!

 

 

 

 

と、ヒステリックな女の別れ際のように悲しい気持ちにすがりつきましょう

 

 

 

 

そしたら悲しみはドン引きして逃げていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで終了です

 

 

 

 

 

 

 

 

終わったら

 

 

 

 

 

おいー

 

 

 

 

もっと悲しませてくれよー

 

 

 

 

 

と、悲しみを求めて嘆きましょう

 

 

 

 

 

 

するとなぜか悲しみが寄ってきません

 

 

 

 

 

 

これを繰り返すと

 

 

 

次に悲しみがやってきたとしても

 

 

 

 

前回以下の悲しみは屁のように感じます

 

 

 

 

 

そうすることでみんなが普通にストレスになっていることが気にならなくなります

 

 

 

 

 

 

 

デメリットとしてはドMの性質が性格に濃く現れてしまうことと

 

 

 

普通のストレスじゃ物足りなくなり、新たな刺激を求めるのでど変態だと思われることと

 

 

 

 

 

普通の悲しみが屁に感じるので普通の人との感覚に大きな差がでてしまい、会話が噛み合わなくなることぐらいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上これが僕の落ち込んだ日の乗り切り方でした

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんもドMになって…

 

 

 

間違えた

 

 

 

悲しみを受け入れて落ち込んだ日を乗り切りましょう✊️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりでーす

 

 

 

 

 

独り身こじらせ会

 

 

 

 

 

 

 

 

もう何年も恋人がいない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋人の作り方がわからない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋がめんどくさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時間があったら家でゴロゴロしていたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなあなた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の集いに参加してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も、独り身こじらせ会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーも独り身こじらせ会

 

 

 

 

 

会長の福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はもうたぶん結婚は無理や

 

 

 

 

 

可能性を考えたところ

 

 

 

 

結婚するとしたら

 

 

 

 

 

なんらかのよくわからん理由で俺のことがめっちゃ大好きな頭のおかしい女の人ぐらいしか無理や

 

 

 

 

 

だから俺はこの歳で早々に独り身をこじらせた人達を集めて

 

 

 

 

 

 

独り身こじらせ会を作りたい

 

 

 

 

 

 

 

というか今作った

 

 

 

 

 

 

メンバーは俺のみ

 

 

 

 

 

他にも有力な候補は何人かおる

 

 

 

 

 

 

 

加入条件としては

 

 

 

 

 

 

 

 

1年以上恋人がいない

 

 

 

 

好きな人もいない

 

 

 

 

恋をする気もない

 

 

 

恋がめんどくさい

 

 

 

 

むしろ開き直ってる

 

 

 

 

結婚は正直ガチで無理だと思っている

 

 

 

 

恋人がいる人を見て別の世界のことやと思っている

 

 

 

 

1人が好き

 

 

 

 

 

 

この条件に当てはまる人は加入可能です

 

 

 

 

 

 

 

逆に加入お断りな人は

 

 

 

 

恋人が1年以内にいた人

 

 

 

もちろん今現在いる人も無理

 

 

 

 

1年以上いないがまだ引きずってる人

 

 

 

 

恋をしている人

 

 

 

 

恋をしたいとかいってる人

 

 

 

 

恋はいいよ〜とかいってる人

 

 

 

 

恋ばなを楽しむ人

 

 

 

 

1人が好きじゃない人

 

 

 

 

 

遊びで独り身こじらせ会に入ろうとしている人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう人たちは無理です

 

 

 

 

加入できません

 

 

 

 

 

 

あくまで独り身こじらせ会は

 

 

 

 

もういい

 

 

 

私は独りで生きていくんだ。と

 

 

 

 

決意した強者だけが加入できる会で

 

 

 

 

 

ある意味自立した精神の持ち主しか加入することができません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独り身こじらせ会はそういう会です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして僕はそのこじらせ会の会長なので

 

 

 

 

 

 

とてつもなくこじらせてます

 

 

 

 

 

 

もし会員が加入してきても

会員すべてのこじらせを1人でこじりきる自信はあります

 

 

 

 

 

 

それぐらいこじらせてます

 

 

 

 

 

 

独り身こじらせ会は基本的に恋愛禁止です

 

 

 

 

 

恋愛した場合は即脱退です

 

 

 

 

 

そしてもう一度こじらせることができたなら

 

 

 

 

 

再加入は可能です

 

 

 

 

 

そのかわり前回よりも大きくこじらせていることが条件です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独り身こじらせ会の方針としては

 

 

 

 

私は独りで生きていくんだ。

 

 

 

 

 

でも、たまには寂しい時もある。

 

 

 

 

 

 

そんな時に独り身がみんなで集まって

 

 

 

 

安い酒を飲みながら

 

 

 

 

 

楽しそうにしてるやつらの愚痴を言いまくる。

 

 

 

 

 

 

それが独り身こじらせ会の運営方針

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に会長から一言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独り身は悪くない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪いのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋をしているやつらだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上です

 

 

 

 

 

 

 

 

加入されたい方はどんどん個人メッセージお待ちしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独り身よ、大志を抱け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな、終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼のマイペース

 

 

 

 

 

どーも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼のマイペース

 

 

 

 

 

 

福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はマイペースです

 

 

 

 

 

どれぐらいマイペースかと言うと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼のようにマイペースです

 

 

 

 

 

僕は自分の働きたい時にしか働きません

 

 

 

 

 

みんなが残って話し合いとかしてても帰りたかったら帰ります

 

 

 

 

 

遊ぼって言われても気分が乗らなかったら今日は気分じゃないって断ります

 

 

 

 

 

 

歩くのも話すのも動きも車の運転もなにもかもマイペースです

 

 

 

 

 

早くしたらしんどいからです

 

 

 

 

 

 

 

たまに早くしろ!って言われます

 

 

 

 

でも早くしません

 

 

 

 

 

 

お前が遅くしろって感じです

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなんですけも

 

 

 

 

 

 

 

それでもなぜかいけてます

 

 

 

 

 

遅かったら怒られるって思ったら大間違い

 

 

 

 

 

 

 

意外と誰も人のことなんか見てないです

 

 

 

 

 

 

仕事が遅くてしんどくなったら

 

 

 

 

 

誰か助けてー!って言ったら誰か助けてくれます

 

 

 

 

 

 

その後にありがとうって言えばそれでチャラです

 

 

 

 

 

 

 

 

別にマイペースでもいいんです

 

 

 

 

 

早い人が助けてくれますし

 

 

 

 

 

 

 

 

遅くてもおるだけマシですよ

 

 

 

 

 

 

 

自分がやらなきゃとか考えなくていいんですよ

 

 

 

 

 

 

 

自分はやるけど無理やったら誰か助けを呼べばいい

 

 

 

 

 

それでも無理やったら仕方ない

 

 

 

 

 

 

いやー。

すごい仕事量だったねー

あれは無理だったねー

あはははー

 

 

 

ってそれだけでいいんですよ

 

 

 

 

 

 

 

自分が気楽なペースで生きてたらいいんですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手に合わせる必要はなんかないよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ自分が楽やと思う生き方をする

 

 

 

 

 

 

それが当たり前やから

 

 

 

 

 

 

がんばらんでええねんで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌な仕事なら辞めてまえ

 

 

 

やりたいことがあるんならやってまえ

 

 

 

 

 

楽に生きたらええねん

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もお前なんかに興味ないねんから

 

 

 

 

 

 

 

そんながんばっても誰も見てないから

 

 

 

 

 

 

褒めてくれへんから

 

 

 

 

 

 

逆にサボっても誰もみてないで

 

 

 

 

 

 

 

サボれ

 

 

 

 

 

 

 

そんであいつサボってんちゃん?

 

 

 

 

 

 

って疑われた瞬間にはじめてがんばってるフリすんねん

 

 

 

 

 

 

そしたらおーあいつがんばってるやん

 

 

 

って思われんねん

 

 

 

 

 

それがいい

 

 

 

 

 

 

容量の良い仕事の仕方やと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか話し変わったけどまあいいや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず自分のペースで生きるねん

 

 

 

 

 

そっからやねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんまの人生は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな