読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

不思議な体験談から学んだこと

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

実は俺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自殺しようと思ったことあるねんな

 

 

 

 

 

 

 

首吊りとかじゃなくて

 

 

 

 

 

 

精神的な感じで今でも不思議な体験やねんけど

 

 

 

 

 

 

なんかあれは自殺やったんかな?

 

 

 

 

 

 

 みたいな

 

 

 

 

 

 

しようと思ったっていうか自殺しかけたというか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあとりあえずそのことについて今回は語るわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっかけは仕事してからやねんけど

 

 

 

簡単に言ったら

 

仕事が嫌になって

でも実家に帰るのも情けなくて

誰に助けを求めることもできんと

逃げ出すこともできずに

 

あーもう死んでもうたほうが早いなってなって

 

 

死のうと思ったんやけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずそうなったいきさつを書いていくな

 

 

 

 

 

はじまりは2年前やねん

 

 

俺が大学4年生ぐらいの時かな

 

 

 

大学4年生って就活するやん

 

 

でも俺は

 

 

みんな周りの人が就活してるのみてて

 

 

 

アホらしいなーと思っててんな

 

 

 

会社なんかどれも一緒に見えるし

 

 

なんでみんなおんなじ格好しておんなじようなことしゃべって

 

得体のしれん会社に一生懸命媚売ってるんかなって思ってて

 

 

だって例えばプラスティック樹脂の加工の会社とか絶対興味ないやん(人によると思うけど)

 

俺はそんな会社の説明も全く意味わからんし、興味ないし

 

それやのに内定がほしいっていうかたぶん就職せなあかん!っていう刷り込まれた考えだけで

 

全く興味のないことになんでそんなこと真面目に聞いてるフリせなあかんの?

 

 

そういうのがほんまに意味わからんかって

 

 

 

全く真面目に就活しやんかってんな

 

 

 

でもその時は就活してなかったら親とか友達とかになんか思われると思ってて

 

 

特に親やな

 

 

とりあえず俺も形だけ就活してるフリしやなと思ってたんやけど

 

 

 

心の底から就活なんか全くしたいと思わんかったし

 

 

しやなあかん意味も全くわからんかってんな

 

 

 

でもなんか周りはしてるし、親は就職しろっていうしなんとなく周りがしてるっぽいことをマネしてたんやけど

 

 

 

なんかそんな自分に嫌気さしてやっぱり真面目にやらんかったっていうか、できひんかってんな

 

 

 

だからしたって言えば

 

 

合同説明会行って会社のキレイな女の人とテキトーにしゃべって帰る

 

 

みたいな

 

 

 

それかまあおもしろそうな人みつけてなんか雑談して帰る

 

 

みたいな

 

 

 

 

ほんで見たくもない会社の資料とか無駄に袋パンパンに詰められて

 

 

 

部屋に溜まる無駄な山積みの紙の多さな

 

 

 

 

それが俺の今までの怠慢が現実の形に現れてんかなって考えたらなんかゾッとしてたな

 

 

 

 

 

 

 

んで、そんなんしてたからまあ内定なんか決まらんわな

 

 

 

 

決まったって言ったら説明会に2人しかこやんマイナーな居酒屋の会社とかな

 

 

 

 

 

 

 

結局説明会もその1人欠席で俺1人やったっていうな

 

 

 

 

 

だってその説明会ただ聞いてるだけで

 

 

 

 

次なぜか最終面接やってんで?笑

 

 

 

 

どんな会社やねん(笑)

 

 

 

 

ほんでその最終面接も

 

 

 

バイトのこととか色々聞かれて最終

 

 

 

「僕、女の子とおもしろいこと大好きです!」

 

 

って言ったら

「君、いいね、この会社合うよ。」

 

 

って言われて受かってんな

 

 

 

 

そんときは、やったーなんか知らんけどめっちゃ簡単に決まった。

 

とか思ってたけど

 

 

 

 

後でよくよく考えたら

 

 

待って、説明会に俺1人ってやばない?

 

 

 

と思っていくのやめてんな。笑

 

 

 

 

 

 

 

ほんでそっからまたブラブラしててどっかそろそろ決めなあかんなーって思ってたのがすでに2月やって

 

 

 

 

 

おかんにあんたどうすんの??

 

 

 

なんかしたいことないん??

 

 

とか聞かれて

 

 

 

 

いや、したいこととかないけど

 

 

 

したいって言ったらお笑い芸人かなー

 

 

 

 

 

 

 

みたいに言ったらなんかめっちゃ怒られて

 

 

 

 

 

なんでそれも怒られなあかんのかわからんし

 

 

したいことなに?って聞かれたからその時正直に言っただけやのに

 

 

おとんとおかんにお前なんかお笑い芸人できひんに決まってるやろがアホちゃうか

 

 

みたいにめっちゃ詰められておかん泣いてたし

 

 

 

俺そんなガッチリそれでメシ食ってく!ぐらいやりたいとは思ってなかってんけど

 

 

なんか親が勘違いしてめっちゃ怒ってきて

 

 

 

 

でもその時の俺はなんかめっちゃ言ったあかんこと言ってもうたんかなって自分を責めてしまって

 

 

 

 

そっから自分のやりたいこと言ったらこんなに親に怒られるんや

 

 

 

じゃあやりたいこと言うのやめとこう…

 

言うどころか考えるのもやめよう。

 

 

ってなってしまってんな

 

 

 

まあそれがのちのちあかんかってんけど

 

今思えばそれでよかったんやと思う

 

 

 

 

ほんでまあそういうことがあって、とりあえずテキトーに行った合同説明会であったお寿司の飲食店に形だけでも就職しとくかーみたいな感じで

 

 

向こうも誰でもよかったんやろうな

 

 

めっちゃ簡単に受かって

 

あーとりあえず就職やー

 

 

 

みたいな感じやってその後どうなるとか考えんとその場はなんか安心しててんな

 

 

 

 

とりあえず親に怒られんで済むし、周りにも就職できたって言えるわ

 

 

 

 

 

って周りのことばっかり考えてたな

 

 

 

 

 

 

ほんでいざ決まって研修があって

 

 

 

 

 

1週間かな?それぐらいあったんやけど

 

 

 

ほんまに息苦しかった

 

 

 

なんか訳のわからんことで怒られるし

 

 

 

これする意味ある?っていうことばっかりやったし

 

 

 

でも周りはそれを当たり前みたいにするからなんかやっぱ俺がおかしいんかなー

 

 

 

とか思ってて

 

 

ストレスしかなかったな

 

 

 

 

ストレス発散といえばやっぱり女の子としゃべることしかなかったな

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんで研修が終わって

 

 

 

 

そこの会社本部が栃木で関西にはあんまり出店してなかってんな

 

 

 

 

だから俺は大阪に新しい店舗ができるから大阪要員で入ってくれって言われててんけど

 

 

 

 

 

配属されたところが愛知県やって

 

 

 

 

そこで俺は、は?なんでやねん。

 

 

うそついてるやんこの会社ってなって一発目に不信感覚えたのがそこで

 

 

 

 

話では後3ヶ月後に大阪に店舗ができるからそれまで1番近いところが愛知県やからそこにそれまでいててくれみたいな感じやってんな

 

 

 

 

 

 

いや、まあそれならそうと面接の時にそれ言えやと思ってたけどまあもう研修も受けてもうたし我慢するかと思っててんな

 

 

 

 

 

 

そんときの俺の中ではとりあえず1年働いて金貯めてやーめよって思っててんな

 

 

 

 

やめてお笑い芸人でもやろかなーみたいな

 

 

 

 

 

そのときはお笑いには自信あったしそれしかないと思ってたから

 

 

 

 

 

 

そんで配属決まって

 

 

 

 

 

大阪で荷物まとめて

 

 

 

 

軽トラで直接その済むところまで行くんやけど

 

 

 

なんか雨降ってたし

 

 

 

親もなんかがんばれよ

 

 

みたいな感じやけど

 

 

 

俺そんな就職を重いもんやと捉えてないけどなんか親は期待してるっぽいからがんばらなあかんのかなぁ

 

 

みたいな感じでまた自分を取り繕っててんな

 

 

 

 

 

ほんで、俺1人暮らしはしたかったからやったー!

 

念願の1人暮らしやー!

 

 

みたいに思っててんけど

 

 

 

引越しの業者さんが手伝ってくれて荷物入れてその人も優しくて

 

 

 

がんばれよ!

 

 

みたいに言ってくれて

 

 

あざーす!がんばります!

 

 

って言ってその人が去っていったその瞬間からなんかめっちゃ虚しくて

 

 

 

初めての土地で、初めての1人暮らしで、行きたくもない職場があって、休みの日に会える大好きな友達さえおらんくて

 

 

 

 

 

 

えー…1人ってこんな寂しいんや

 

 

知らんかった…

 

 

 

 

ってなってそっから3日ぐらいは1人で泣いてたな

 

 

 

俺ってこんなに泣くんやってなるぐらい

 

 

 

 

寂しいし虚しいし移動手段チャリしかないし

 

 

坂だらけやし

 

 

 

住宅街やし

 

 

 

 

家から出たら自分の家の帰り方わからんし

 

 

 

 

ふざけんなこの街

 

 

 

って思ってたな笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はそのなんてゆうの?

 

 

反骨精神みたいなのでがんばっててんけど

 

 

 

 

 

 

仕事場行ったら店長がむちゃくちゃ仕事できて

 

 

 

 

 

 

でもめっちゃ冷たかってんな

 

 

 

 

 

俺のやり方についてこれねぇやつはやめちまえ

 

 

 

 

 

みたいな人で

 

 

 

そんとき俺も精一杯仕事付いて行こうと思ってたけどそんなメニューも全部覚えなあかんし

 

 

片付けも全部覚えなあかんし

 

 

しかも遅かったら怒られるし

 

 

 

ってか周り全員知らん人やし

 

 

 

 

その人たちともやっていかなあかんっていうプレッシャーが半端なくて

 

 

 

 

帰ったら寝る

 

 

起きてメシ食って行く

 

 

 

の繰り返しで

 

 

 

休みの日は生活用品買う、だけ

 

 

 

 

みたいな生活でなにも楽しくなかった

 

 

 

 

 

でもそれが世間の当たり前なんやと無理やり言い聞かせてないエネルギー振り絞ってがんばってたんやけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日そのエネルギーが底をついて

 

 

 

 

 

 

 

あーもうどうでもいいやってなって

 

 

 

 

 

レジ締めの作業してたんやけどわからんのにテキトーにして案の定めっちゃ失敗してんな

 

 

 

 

ほんで深夜2時までレジの小銭全部数えててんけど

 

 

 

 

まあ色々あって俺が逆ギレモードみたいになって

 

 

そっから店長とケンカになって

 

 

 

 

でも責任者は店長やし

 

 

 

 

 

俺仕事できひんし

 

 

 

 

 

居場所なくなるわけやん

 

 

 

 

 

ほんでその辺から俺がおかしくなってきて

 

 

 

自分でもようわからんけど

 

 

たぶんうつみたいになってたんやろうな

 

 

 

 

 

 

とにかく仕事に行きたくないねん

 

 

 

誰も味方おらんし

 

 

この悩み打ちわかってくれる人もおらんし

 

 

店長が敵やし

(あとで考えたら俺が悪いねんけど)

 

 

この場所にいたくないし

 

 

だからってのこのこ大阪に帰るわけにもいかんし

 

 

 

いっそだれにもなんにも言わんとこのまま金だけ持ってどっか遠くに飛んで行方くらましたいって本気で思ってたけど

 

 

 

それを知った親とか友達が俺のことどう思うかな?

 

 

って考えたらそれをする気になられへんかったな

 

 

 

 

とにかく孤独やった

 

 

誰も話せる人がおらん

 

 

俺の気持ちわかってくれる人がおらん

 

 

俺は誰なんやろう

 

 

なんで生まれてきたんやろう

 

 

 

俺はこんなことするために生まれてきたんかな

 

 

 

 

 

って思い出して

 

 

 

でもそんなこと考えてもどうにもならんし

 

 

 

 

 

労働監督署みたいなところにも話したけど相手にされへんかったし

 

 

 

 

 

 

あーもうあかんわ

 

 

 

 

 

誰かに助けを求めたいけど求めるだけのエネルギーがない

 

 

 

気付いたら周り全部が崖っぷちで

 

 

逃げるところがどこにもなくて

 

 

どこにも逃げられへん

 

 

逃げられないけど、死ぬこともできひん

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

って考えてたら

 

 

 

もうこのこと考えることさえも疲れたから

 

 

 

 

自分のこの意識を殺したくて

 

 

 

なんてゆうかわからんけど

 

 

 

あーこのまま死のう

 

 

 

 

って考えたら頭がだんだんギューってなって

 

視界が狭まってきて

 

 

天井がやけにパーって光るんやんか

 

 

ほんでゲロ吐く時みたいにうえーてなって

 

 

口から魂がでていく感じになって

 

 

 

 

 

 

 

そのまま口から魂が天井に吸い上げられてる感じして

 

 

 

その吸い上げられたぶんだけ手と足の先端から痺れて動かんくなっていって

 

 

 

あ、俺ほんまに死ぬやん

 

 

 

でもまあえっかって思って

 

 

 

そのままいこうと思ったら

 

 

 

 

 

一言だけ

 

 

 

 

ほんまに死んじゃダメ!

 

 

 

 

って女の子の声でほんまにはっきりその声だけ、他にはなんの音もしやんかったのにその声だけ聞こえて

 

 

 

 

 

 

その瞬間に

 

 

はっ!

 

 

ってなって気付いたら天井見上げてて

 

 

時計の針の音がカッチカッチってなってるだけで

 

 

でも手足はまだ痺れてて

 

 

あ、俺なにしてたんやろ

 

 

ほんまに死にかけたんやな

 

 

 

 

って我に返って

 

 

 

 

 

 

そっから俺ここにおったらあかんわ

 

 

 

大阪帰ろう

 

 

 

って思い出して次の日ぐらいに俺親にも仕事先にも仕事辞めますって言ってん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事辞めますって言ってからもしばらくはうつ病みたいになってたんけど

(てかうつ病やな)

 

 

 

 

でも俺は絶対ここから抜け出して実家に大阪に帰るんや!っていう奥底に強い意志だけあって

 

 

 

別になにをしたいとかはなかったけど

 

 

 

ただあのときの俺に戻るんや!

 

ここにおったら死ぬ!

 

 

って思ってたのはたしかやな

 

 

 

 

 

 

それでまあなんとか辞めることができて

 

 

 

 

帰ってくるとかも精神的に命からがらみたいな状態やって

 

 

 

 

 

帰り大阪まで高速使って3時間ぐらいやってんけど

 

 

お父さんが迎えにきてくれて

 

 

 

 

俺のその元気のなさ覇気のなさを悟ってくれたんか

 

 

家に帰るまで一言もしゃべれへんかったな

 

 

 

 

 

 

帰ってきてとりあえず自分の部屋で寝れることの幸せと明日仕事がないっていう安心感でめっちゃ心地よかった

 

 

 

 

明日から一生あの場所に行かんでいいんやって

 

 

 

 

 

ほんでまあそれが去年の7月やな

 

 

 

だからあれから約1年半やけど

 

 

 

俺にはあの仕事場が3年ぐらいに感じたし

 

 

 

この1年半もリハビリ生活みたいな感じでめちゃくちゃ長かった気する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんで俺は助けてくれた色んな人とか

 

 

もちろん両親とか

 

 

帰ってきてすぐ迎えてくれた友達とか

 

 

 

そんで自分の愚かさと無知を知って

 

 

 

なんかこのままじゃあかんなって思って

 

 

 

俺って調子乗ってたけど生きてたんじゃなくて生かされたんやなー

 

 

ってつくづく思って

 

 

俺の今までしてたことはすごい間違いやったって思った

 

 

 

 

 

 

あれから約一年半経って

 

 

 

 

今思うのは

 

 

 

 

 

自分を押し殺さんでよかったんやっていうのと

 

 

 

親の言うことを聞きすぎるのはよくないことと

 

 

 

周りなんか気にせんと自分をもっと大切にして自分のしたいことをしたほうがいいってこと

 

 

 

 

 

結局ほんまにヤバイ時って自分でどうにかするしかないし周りがいても助けを求めやな助けてくれへんし

 

 

 

助けてくれる保証もないやん

 

 

 

 

 

 

ほんで親は育ててもらってすごいありがたいし、感謝して当然やねんけど

 

 

 

 

それと自分のしたいことを諦めるっていうのはまた違うと思うねん

 

 

 

 

 

親も1人の人間で完璧な人間じゃないやん

 

 

むしろ成人した自分より劣ってるかもしれん

 

 

 

でもそれに気付かず親の言ってることは正しいんやって思い込むのは違う

 

 

それは自分を押し殺してるだけなんやと思う

 

 

親も知らんことなんかいっぱいあるし

 

今の時代インターネットで情報が蔓延してるから

 

 

むしろ親の方が子供より知らんこと多いかもしれん

 

 

なにより自分も1人の人間やし

 

親も1人の人間やから

 

成人したら考え方も心も自立して当たり前やと思う

 

 

 

 

子供は子供で親に反対されてもいいから自分のやりたいことを言うかもう無理やりにでもやるかしないと、自分を殺してしまうことになる

 

 

 

自分を殺してしまうと心を殺してしまうことになって

 

 

生きるのが楽しくないと思うねん

 

 

教科書的な生き方しかできひんくなって

 

 

 

それができない不安が常につきまとうと思うねん

 

 

 

お金がないとダメだとか

 

 

将来は安定してないとダメだとか

 

 

老後に備えて貯金はいくらまでしてないとダメだとか

 

 

素敵な恋人がいないとダメだとか

 

 

そんなことないと思うねん

 

 

 

俺はその人が親から教わった人生の教科書にのってる以外のことはしてはいけないんだっていう刷り込みがその人を苦しめてると思うねん

 

 

 

 

俺は親ときちんとコミュニケーションがとれてなくてそういう経験をした人やったからわかる

 

 

 

コミュニケーションが取れてたとしても自分の言いたいこと言わずにぶつかるのを避けてたらそれは本当の意味で分かり合えてないと思う

 

 

 

 

人間ってほんまはもっと自由に生きていいねん

 

 

 

別にお金は最低限あれば生きていけるし

 

 

 

恋人なんかいなくても全然いい

 

 

フリーターでもなんの問題もない

 

 

 

俺の将来は全く安定してないし

 

 

 

今の俺に結婚なんかできるわけない

 

 

 

 

でもそれでいいねん

 

 

 

自分のやりたいことして、自分が納得してたら

 

 

 

 

自分がなにをどれだけしたら満足なんかとか

 

なにが必要やと感じてて

 

なにが必要ないと感じてるとか

 

 

そういうのって他人には絶対わからんことやん

 

 

自分しかわからんことやん

 

 

それを世間と無理やり同じにする必要なんかないやろ

 

 

 

 

 

そういう自分の価値観で生きるって幸せやと思う 

 

 

 

 

 

 

 

俺は人って変えれると思うねん

 

 

あ、変えれるじゃなくて

 

 

変われると思うねん

 

 

俺は変えたいねん

 

 

 

 

俺がその人を変えることはできひんけど

 

 

 

 

その人が変わる手助けはできると思うねん

 

 

 

 

勇気がなくて背中を一押ししてほしい!

っていう人とか

 

 

変わりたいけどどうしたらいいのかわかれへん

 

 

 

って人おると思うねん

 

 

 

 

そういう人の人生が変わる手助けしたいし

 

 

 

 

その人が変われば周りの人もまたその人みたいにちょっとずつ変わっていくと思うねん

 

 

 

一人一人が変わっていったら世界ってちょっとずつやけど変わっていくと思うねん

 

 

 

 

 

  

 

 なんでそんなことするかって

 

 

 

 

 

 同じような悩み持ってて苦しんでて

 

 

 

 

 

俺がそういう体験知ってたら教えてあげたほうがいいやん

 

 

 

 

 

それで誰かの人生の軌道修正できたら俺のこの苦しい体験もあってよかったなって思えるやん

 

 

 

 

 

 

 

じゃないと俺のあの体験はただの苦しい思い出にしかならんやん

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はそれが嫌やわ

 

 

 

 

 

黙って抱え込むよりみんなに教えてみんなでそういう風にならんようにしたほうがええやろ

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

 

 

今まで俺はフラフラしてて何にも考えずに無意識に人を傷つけてきてもうてんな

 

 

 

 

 

 

でも、アホみたいやし自分でもこんなん言うと思わんかったけど

 

 

俺は世界がどうしたら良くなるかっていうのを真剣に考えて

 

 

俺をはじめとするみんなが幸せになったらええなあって思う

 

 

 

だからできるだけがんばる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できるだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばりすぎたらあれやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しんどいやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んーとりあえず今回はそんな感じやな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下手くそで長い文章になってもうたけど

 

 

 

 

 

読んでくれたらありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わるわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな