たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

哲学っていいわ

 

 

天気の良い日には布団を干そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気の良い日にしか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

布団は干せないんだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

普通のことを

 

 

 

 

哲学っぽく言ったんやけど

 

 

 

 

 

がんばって哲学っぽくとらえたら

 

 

 

 

 

 

哲学っぽく聞こえるよな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺らの生き方や考え方は

 

 

 

 

 

決まってることなんかないけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれるときと死ぬときは決まってるよな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、後、天気も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか哲学っぽいわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

哲学ってなんかいいわ

 

 

 

 

 

なんか

 

 

 

 

哲学っていうだけで

 

 

 

 

 

わからん方が負けみたいな感じがでていい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際哲学好きやし俺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばおっぱいを哲学したら

 

 

 

 

 

 

おっぱいってなにが一体おっぱいたらしめているんやろう

 

 

 

ってとこから考えんねんな

 

 

 

 

ただ単に物理的に女性の胸の脂肪が蓄積された部分をおっぱいと呼ぶのか

 

 

 

女性の胸の膨らみで男性が興奮するものをおっぱいと呼ぶのか

 

 

 

はたまた、母親が子供にあげる母乳を幼児的用語でおっぱいと呼ぶのか

 

 

 

 

乳房、胸、バスト

 

 

って呼び方は色々あるけど

 

 

おっぱいとはまた別物やと思うねんな

 

 

 

 

おっぱいって主に男性が女性の胸を性的に興奮する意味合いを込めた時に呼ぶ総称で多く使われるのがおっぱいやと思うねん

 

 

たしかに子供におっぱいをあげるっていうときもあるけど

 

 

 

子供におっぱいをあげるって口にする人の割合より

 

 

女性の胸を性的に興奮する意味合いを込めたときに呼ぶおっぱいを口にする人の割合のほうが多いと思うねん

 

 

 

 

なぜなら男性は女性よりおっぱいが好きやから

 

 

おっぱいを思う気持ちとおっぱいと口に出す機会は断然多いと思う

 

 

 

 

よっておっぱいは

 

 

 

女性の胸を性的に興奮する意味合いを込めたときに使う表現の総称

 

 

 

 

 

と、定義される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが俺がおっぱいを哲学した結果ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがな

 

 

 

 

 

今おっぱいっていう

 

 

 

見えるもの

 

 

 

比較的知られてるものやからわかりやすかったけど

 

 

 

 

 

 

 

 

これが正義とか悪とか

 

 

 

常識とか

 

 

 

 

幸せとか

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう見えないもので

 

 

 

なおかつぼんやりしてものって

 

 

 

 

すごく哲学りにくい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、それがおもしろい

 

 

 

 

 

 

何回本質をつこうとしても

 

 

 

 

 

違う角度から見たらずれてたり

 

 

 

 

 

そういう軌道修正を何回も何回も繰り返してできた哲学は美しい

 

 

 

 

 

どこから見てもキレイな丸で

 

 

 

 

寸分の狂いもなくそれやねんな

 

 

 

 

 

 

その哲学が完成したら

 

 

 

 

 

その哲学は法則になって違う哲学にも応用できるから

 

 

 

 

 

 

ポケモンで言ったら

 

 

 

 

レベル上がって新しい技おぼえた

 

 

 

 

みたいな感覚やな

 

 

 

 

次の物事を哲学するための材料になるわけやから

 

 

 

 

すっごいええよな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

哲学者にでもなろかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それも一興やな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな