たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

仕事

 

 

 

 

俺は仕事ってゲームみたいなもんやと思うねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺のイメージではドラクエが1番近いねんけど

 

 

 

 

 

 

例えば仕事してるやん

 

 

 

1年目って仕事しんどいやん

 

 

 

何したらいいかわからんし

 

 

慣れてないし

 

 

 

 

 

でも3年ぐらいしたら普通に当たり前みたいにできるようになってるやん

 

 

 

それってその人のレベルが上がってると思うねん

 

 

 

 

だってできひんかったことができるようになってるわけやん

 

 

 

 

 

でもできるようになったらみんな手抜き始めるやん

 

 

 

できるから

 

 

 

 

そうじゃなくて俺はその場所でレベル上がりきったら

次のレベル上げる場所に移ってまたレベル上げていかなあかんと思うねん

 

 

 

 

 

 

ドラクエで言ったら最初のスライムで永遠にレベル上げしてるようなもんやん

 

 

 

 

レベル1の時にスライムやったらちょうどいいと思うねん

 

 

 

でも、レベル10ぐらいになってんのにスライムと闘ってもレベル全く上がらんし

 

 

永遠におんなじ作業の繰り返しやん

 

 

 

 

 

おもしろくないやん

 

 

 

成長度が少ないやん

 

 

 

 

 

俺はその場所で自分のレベルがあがる限度ってあると思うねん

 

 

 

 

その限度を超えたら次の場所にうつらなあかんと思う

 

 

 

 

 

ドラクエと一緒で

 

 

 

 

次の場所に行ったら新しいモンスターもおるし

 

 

 

経験値もいっぱいくれるし

 

 

 

そしたら自分のレベルも上がるし

 

 

新しい技も覚えるやん

 

 

新しい技覚えたらその技で効率よくモンスターを倒せるからもっと効率よく経験値もらえるやん

 

 

 

 

そしたら嬉しいやん

 

 

 

自分のレベルが上がることが嬉しいやん

 

 

成長するのが

 

 

 

前はこんなことできひんかったのに今は余裕でできるって

 

 

 

なんかよくない?

 

 

 

 

 

そしたら恐いものがなくなっていくやん

 

 

 

 

怒られるのが怖いとかってレベルが上がって能力が上がったらそんなことまずないねん

 

 

 

 

レベルが上がって世界がどんな風になってるかってわかれば

自分がどうしたら人のためになっててどうしたら人の迷惑になってるかなんか別に勉強なんかしやんでもわかるようになるねん

 

 

 

そしたらその上で

今のこの状況と自分の今の能力でどれだけのことができるか

 

ってわかると思うねん

 

 

 

そしたらその自分のできることと

 

 

やらなあかんこと

 

 

 

 

のちょうどその間になるところを見極めて

 

 

 

そこから自分のできることの範囲を少しずつ広げていけばいいと思う

 

 

 

 

もしそれでも使われへんなお前とか

 

 

言われてその職場がしんどいんやったら自分の能力を自分で高く評価しすぎてる

 

 

 

自分のレベルに見合ったレベルを上げる場所っていうのが絶対にあるから

 

 

 

それに優劣はないと思う

 

 

 

あくまで自分のレベルを上げる努力をしているっていうことが

 

 

大事なこと

 

 

 

 

 

 

 

そうやって努力した方が結局楽やからな

 

 

 

 

楽やんどんな仕事しても

 

 

 

仕事の仕組みがわかってたら

 

 

 

 

理解も早いし

 

 

仕事覚えるのも早いやん

 

 

 

そしたら他のことを覚えるのももっと早いやん

 

 

 

 

 

そしたら楽やん

 

 

 

いきなり来た新人が手間かかると思ってたら全然手間かからんし

 

むしろ仕事できるし

 

役にたったら相手も楽やから

 

 

怒ろうと思わんやん

 

 

むしろかわいがってくれるかもしらん

 

 

ほんで自分は自分で怒られへんから楽やし

 

 

よくしてもらえるから嬉しいし

 

 

レベル上がるから楽しいし

 

 

ええことばっかりやん

 

 

 

 

 

 

だから仕事はゲームみたいにかんばればいいねん

 

 

 

 

気楽に

 

 

 

力抜いて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じやな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな