読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

独りはつらいよ

 

 

 

俺は最近縁あって、若い子と話す機会が多くなって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話してるんやけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に思う感情は

 

 

 

 

 

 

 

 

若いっていいなー

 

 

 

でもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつらガキやなー

 

 

 

 

でもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー俺は一体何をやってんやろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間が進むにつれて

 

 

 

 

俺の時だけ止まってるような気がする

 

 

 

 

 

 

 

周りはどんどん変わっていって

 

 

 

 

 

 

 

新しく出会う人もどんどん変わる

 

 

 

 

 

そしたら

 

 

俺の立ち位置も自然に変わる

 

 

 

 

 

 

いつのまにか18歳とかからしたらだいぶ年上やし

 

 

 

 

 

 

かと言って上はおじさんだらけやし

 

 

 

 

 

 

 

 

誰とも話も合えへんし

 

 

 

 

 

 

 

俺と同じような気持ちの人もおらん

 

 

 

 

 

 

 

 

俺みたいなやつはどこにもおらん

 

 

 

 

同い年のみんなも

 

 

 

 

 

 

 

みんな考え方もしっかりしていって

 

 

 

 

 

 

 

まともになっていってる

 

 

 

 

 

 

世の中に馴染んでいってる

 

 

 

 

 

 

それを思うたびに

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はすごい孤独感に襲われる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー…俺はほんまに独りなんやな。って

 

 

 

 

 

 

自分で勝手にそうなってるだけって言われたらそうかもしれん

 

 

 

 

 

 

 

けど、なんか生き方を妥協したくない

 

 

 

 

 

 

っていう気持ちが強い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど

 

 

もちろん仲のいい友達もおるし

 

 

 

 

 

 

 

大切に思ってくれる家族もおる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、心のどっかでなんか違う

 

 

 

 

 

あーこれが幸せなんやな

 

 

って思おうとしても

 

 

心の底の俺が「なんか違うやろ」って言ってるのがすごい聞こえるし

 

 

 

 

 

 

それを俺は無視できひん

 

 

 

 

 

 

なんかそれを無視してしまったら

 

 

 

 

 

 

自分が自分じゃなくなる気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独はさみしいし辛いし悲しい

 

 

 

 

 

喜怒哀楽全てを誰とも分かち合うことができひんし

 

 

 

 

 

 

一緒に誰かと旅行に行ったり

 

 

一緒にご飯を食べたり

 

 

一緒に写真を撮ったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかそういう全ての普通が俺には遠い気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の底から俺は頭のおかしいやつなんやなって思う

 

 

 

 

 

 

なんで普通になられへんかったんやろう

 

 

 

 

普通に普通のことをして、それを普通やと受け入れることができてたらこんなことにならんかったやろうに

 

 

 

 

 

切実に思う

 

 

 

 

 

新しい人と出会っても

 

 

古い友達に会っても

 

 

家族とおっても思う

 

 

 

 

 

一生俺はこんな性格なんかなって思ったら

 

 

 

 

死にたくなるときもある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前の未来がめちゃくちゃこわい

 

 

 

 

だってほんまに真っ暗やもん

 

 

 

 

 

誰もおらんし

 

 

 

 

 

自分で勝手に選んだ道やけど

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃこわいわ

 

 

 

 

 

 

 

それでも自分で選んで道やから

 

 

 

 

 

まあ

 

 

 

 

 

選んだっていうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に進みたい道がなかったから

 

 

みたいなところはあるけど

 

 

 

 

 

 

まあでも

 

 

 

 

こわいもんはこわい

 

 

 

 

 

つらいもんはつらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあいいや

 

 

 

 

 

 

 

 

言いたいこと言えたからだいぶすっきりした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま何もできずに死ぬかもしれんけど

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばろう

 

 

 

 

 

 

 

生きたい自分で

 

 

 

生きよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかそのほうが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺的にかっこいい気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな。