読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

悲しい日の乗り切り方

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん生きていればどうしても

 

 

 

今日はクソみたいに落ち込んでる日だなーって思う日があると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はそんな悲しい気分の日の僕なりの乗り切り方を伝授したいと思います

 

 

 

 

 

悲しい気分の日の乗り切り方は4つのステップに分かれていて一つずつ紹介したいと思います

 

 

 

 

 

まず

 

 

 

その1.「悲しいということを受け入れる」

 

 

 

 

今日は悲しい気分の日だ

 

 

 

ということを受け入れましょう。

 

 

 

 

悲しい気分の日なのにそうじゃない悲しくなんかない

 

 

 

と考え込んでも悲しい想いは頭から離れません

 

 

 

むしろ悲しい気持ちが増してしまいます 

 

 

 

 

 

悲しい気分の日になにをしてもクソみたいな結果になるだけなので何もしないほうがいいです

 

 

 

 

それが悲しみの魔力です

 

 

 

 

 

 

これを僕は悲しみの蟻地獄と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2.「徹底的に落ち込む」

 

 

 

 

悲しい気分の日だとわかったら徹底的に落ち込みましょう

 

 

 

 

あーもうだめだ

 

 

 

この世の終わりだ

 

 

 

世界なんか爆発すればいい

 

 

 

 

なんで自分はこんなにダメなんだろう

 

 

みんな幸せそうだな…

 

 

 

なんで自分だけこんなにダメなんだろう

 

 

自分はなにがいけなかったんだろう

 

 

 

 

 

 

と、考えても仕方のないことを限界が来るまでうだうだ考えましょう

 

 

 

 

できればうつ伏せで顔面を床に真正面からつけて落ち込むのが良いでしょう

 

 

 

 

 

うつ伏せで顔面を真正面からつけることで落ち込むスピードが格段に上がるのでオススメです

 

 

 

 

 

 

 

その3.「開き直る」

 

 

 

 

そして、うだうだダメな理由を考えてきったところで

 

 

 

 

もういい!

 

 

わかった!

 

 

知らん!

 

 

 

 

と、開き直りましょう

 

 

 

 

 

もういい!うるさい!

 

 

 

俺はクソだ

 

 

 

 

クソ人間だ

 

 

 

 

だからなんだ?

 

 

 

 

お前に迷惑をかけたか?

 

 

 

 

かけてないよな?

 

 

 

 

 

 

じゃあ黙ってろこのクソ野郎が

 

 

 

 

と、誰もいないのに頭の中の悲しみにケンカを売りましょう

 

 

 

 

 

自分の悲しみを開き直ることで内側に溜め込んでいた悲しみが外側に放出される状態になります

 

 

 

 

この状態までくれば後一押しです

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のステップに進みましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その4.「もっとこんかい」

 

 

 

 

最後はこれです

 

 

 

 

 

 

もっとこんかい

 

 

 

 

 

 

これは魔法の言葉です

 

 

 

 

 

 

寂しさ、孤独、怒り、悲しみなどの

 

 

 

 

 

 

 すべてのネガティヴな感情に対して

 

 

 

 

おら、どうした

 

 

 

もっとこんかいこら

 

 

 

 

やってみろ

 

 

 

俺を殺してみろ

 

 

 

 

 

と、言いましょう

 

 

 

 

 

開き直るを通り越して

 

 

 

 

 

 

逆に悲しみを求めてください

 

 

 

 

 

プラスな感情を受け入れるかのように

 

 

 

悲しい気持ちを受け入れましょう

 

 

 

 

僕が悲しい時の例でいうと

 

 

 

あーこれちょうどいい悲しみやわー

 

 

 

 

 

悲しすぎず悲しくなさすぎず

 

 

 

 

ちょうどええわー

 

 

 

 

ナイス悲しみやわー

 

 

 

 

とか

 

 

 

もっと悲しみをくれ!

 

 

 

 

もっともっと俺に寂しさと孤独と不安をくれよ!

 

 

 

 

いっそのこと寂しさと孤独と不安で俺を殺してくれ!!

 

 

 

 

って言ってます

 

 

 

 

 

 

すると悲しい気持ち達が

 

 

 

 

 

 

 

「うわっ…なにこいつ気持ち悪っ…だいぶ変態やん…」

 

 

 

って引きます

 

 

 

 

 

悲しみ達も変態には弱かったみたいですね 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも僕は普通の変態じゃないので

 

 

 

 

 

それだけではすまさず

 

 

 

 

 

すかさず追いかけて

 

 

 

 

 

おい!待てや!

 

 

 

もっと悲しい気持ちにしてくれよ!

 

 

 

もっともっとくれよ!

 

 

 

悲しみをもっとくれよ!

 

 

 

 

俺を殺してくれよ!

 

 

悲しい気分にさしてくれるんじゃなかったんかよ!!

 

 

 

 

この裏切り者!!

 

 

ボケ!

 

最低!

 

ゴミクズ!

 

甲斐性なし!

 

 

 

 

と、ヒステリックな女の別れ際のように悲しい気持ちにすがりつきましょう

 

 

 

 

そしたら悲しみはドン引きして逃げていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで終了です

 

 

 

 

 

 

 

 

終わったら

 

 

 

 

 

おいー

 

 

 

 

もっと悲しませてくれよー

 

 

 

 

 

と、悲しみを求めて嘆きましょう

 

 

 

 

 

 

するとなぜか悲しみが寄ってきません

 

 

 

 

 

 

これを繰り返すと

 

 

 

次に悲しみがやってきたとしても

 

 

 

 

前回以下の悲しみは屁のように感じます

 

 

 

 

 

そうすることでみんなが普通にストレスになっていることが気にならなくなります

 

 

 

 

 

 

 

デメリットとしてはドMの性質が性格に濃く現れてしまうことと

 

 

 

普通のストレスじゃ物足りなくなり、新たな刺激を求めるのでど変態だと思われることと

 

 

 

 

 

普通の悲しみが屁に感じるので普通の人との感覚に大きな差がでてしまい、会話が噛み合わなくなることぐらいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上これが僕の落ち込んだ日の乗り切り方でした

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんもドMになって…

 

 

 

間違えた

 

 

 

悲しみを受け入れて落ち込んだ日を乗り切りましょう✊️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりでーす