たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

感覚的なもの

 

 

なんやろ

 

 

 

人ってやっぱ

 

 

 

 

自然な生き物やねんなぁ

 

 

 

って改めて思うねん

 

 

 

 

黙っててもわかることってあるし

 

 

 

 

雰囲気で察知するとかあるやん

 

 

 

 

だからなんか

 

 

 

 

言葉とかテクニックとかじゃなくて

 

 

 

 

 

 

気持ちやと思うねんな

 

 

 

 

 

 

気持ちがあって

 

 

 

 

言葉とかテクニックがついてくるんやろうな

 

 

 

 

 

だからはじまりは全部気持ちなんやな

 

 

 

 

それも自分の心の奥底から勝手に湧いてくる気持ち

 

 

 

 

 

あーこうしたい

 

 

 

 

あーこうやったらいいのにな

 

 

 

とか

 

 

 

 

そういう気持ちって自然に湧き出るものやん

 

 

 

 

 

作り出そうとしてでるもんじゃないやん

 

 

 

 

 

 

 

だからやっぱ人間って自然の生き物やし

 

 

 

 

 

それに従ったほうがやっぱ心地いいっていうか

 

 

 

 

安心するっていうか

 

 

 

 

 

気持ちいいんやろな

 

 

 

 

だから自分の感覚を研ぎ澄ますってめっちゃ大事やと思う

 

 

 

 

 

 

自分の心の声に耳をすますっていうんかな

 

 

 

 

 

それは違うやろって感じたらやっぱ言わな心が痛むし

 

 

 

 

 

 

それはたしかにそうやなって思ったらそうやなって言わななにが好きかわからんかなると思う

 

 

 

 

 

好きとか嫌いとか大人になったら言ったらあかんとか

 

 

 

 

そんなルールないからな

 

 

 

 

言いたいこと言えばいいし

 

 

 

 

したいことすればいいやん

 

 

 

 

 

 

 

勝手に作り上げられたちゃんとした大人にならなっていうイメージなんか従わんでいいねん

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと自分の感覚に従って生きた方がいい

 

 

 

 

他人の感覚に従ってもしんどいだけやから

 

 

 

 

 

 

 

そういうこと

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

ほな