たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

真っ白のキャンバス

 

 

 

もし、

 

 

 

 

 

真っ白のキャンバスがあって

 

 

 

 

 

 

「なんでも自由に書いていいですよ」

 

 

 

 

 

って言われたら

 

 

 

 

 

 

どーする?

 

 

 

 

 

 

って話やねんけど

 

 

 

 

 

 

真っ白でまっさらのキャンバス

 

 

 

何色でも使っていいし

 

 

 

どんなこと書いてもいいねんで

 

 

 

 

 

 

他の人のキャンバス見て

 

 

 

 

あーあんな風に描くのがいいんやなとか

 

 

 

 

ああいう風に描けばみんなから褒められるんやなとか

 

 

 

 

 

そんなことばっか気にしてる人がおる

 

 

 

 

 

 

気がする

 

 

 

 

 

自由に描けばいいって言ってんねんから

 

 

 

 

 

 

自由に描けよ

 

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

 

 

 

 

真っ黒のペンで

 

 

 

 

 

 

 

点、一つ描くだけでも

 

 

 

 

 

それだけでいいねんから

 

 

 

 

 

 

だって自由に描けばいいねんから

 

 

 

 

 

 

なんで点を描いたの?って聞かれたら

 

 

 

 

 

 

めんどくさかったから

 

 

とか

 

 

 

シンプルイズベスト

 

 

とか

 

 

 

テキトーな理由つけて誇らしくしとけばいいねん

 

 

 

 

 

別に真っ白のキャンバスやからって

 

 

 

 

キレイに描かなあかんとか

 

 

 

バランスがどうのこうのとか

 

 

 

 

そんなん気にせんでいいねんて

 

 

 

 

 

 

めんどくさかったらテキトーに描けばいいし

 

 

 

 

そのテキトーさに誇りを持てばいい

 

 

 

 

 

このテキトーさが自分の美学やって

 

 

 

 

思えればそれでいいやん

 

 

 

 

 

 

そんな感じで

 

 

自分の個性を追求することに意味があると俺は思ってる

 

 

 

 

 

 

 

俺はな

 

 

 

 

キャンバスになに描いてもいいねんで

 

 

 

 

 

 

なんやったらなんにも書かんでもいい

 

 

 

 

 

 

なんならハンマーでぶっ壊してもいい

 

 

 

 

 

ぐっちゃぐちゃにしてもいい

 

 

 

 

 

他人のマネしてもいい

 

 

 

 

他の人のキャンバスと組み合わせて出来上がるものでもいい

 

 

 

 

 

 

 

 

それを自分で誇れればなんでもいいと思う

 

 

 

 

 

 

好きなよーーに描けばいい

 

 

 

 

 

真っ白のキャンバスがあったら

 

 

 

 

 

俺はそんな風に思うな

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

ほな