たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

福本流・めんどくさい誘いの断り方

 

どーも

 

 

 

 

 

 

 

断りのプロ

 

 

 

 

 

 

 

福本です

 

 

 

 

 

 

今回は

 

 

 

 

人の頼みを断れない

 

 

 

 

いつも引き受けてしまう

 

 

 

 

 

そんないい人ぶったあなたにとっておきの

 

 

 

 

断る技術を教えよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断るといっても色んな方法があったり

 

 

 

 

言葉の選び方とかある

 

 

 

 

 

しかし私が紹介するのはいたってシンプルである

 

 

 

 

 

 

 

それは圧倒的な速度で断ることだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手のめんどくさい要求にたいして光の速度で否定する

 

 

 

 

 

これが私が知るところの最強の断り術である

 

 

 

 

例えば

 

 

 

 

 

 

 

「ごめ〜んお願いがあんねんけど〜?

 

いけるー?」

 

 

 

 

 

 

 

と、猫なで声でお願いしてくるめんどくさい常習犯がいたとする

 

 

 

 

 

 

この場合

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんお願いがあんねんけど〜?

 

 

 

の一節目あたりで

 

 

 

 

 

 

無理。

 

 

 

 

と、はっきり言います

 

 

 

 

 

できるだけスパッ!と切れ味を意識して

 

 

 

 

 

 

んー……無理っ!

 

 

 

 

みたいな感じで

 

 

 

 

 

 

そうやって光の速度で断ることによって

 

 

 

 

あ、この人きっと忙しいんやなって勘違いしてくれます

 

 

 

 

 

違います

 

 

 

ただたんにめんどくさいから光速で断ってるだけなんです

 

 

 

 

 

 

僕ぐらい断りのプロになると

 

 

 

 

まず心眼でめんどくさいやつを一瞬で見分けることができます

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

話しかけられる時点でもう断る準備をしてます

 

 

 

 

 

 

さっきの場合でいうと

 

 

 

 

 

ごめ…

 

 

 

ぐらいで

 

 

 

 

無理

 

 

 

 

 

っていいます

 

 

 

 

 

「ご」と「め」

 

 

 

 

しか言ってないのに断る

 

 

 

 

 

これがプロの技術です

 

 

 

 

 

 

 

まず、基本的に「ご」で始まる会話でお願い以外のことはないと判断してるし

 

 

 

 

 

もしお願いじゃないにしても

 

 

 

 

 

とりあえず無理って言っとけば現状維持やねんから

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず断ります

 

 

 

 

 

 

それではステップ2

 

 

 

 

 

たまに光の速度で断る僕に対して

 

 

 

 

光の速度でお願いをしてくる

 

 

 

 

お願いのプロもいます

 

 

 

 

その時は速度対決なんで

 

 

 

 

 

しかもお願いのプロは雑談とみせかけて

 

 

 

お願いというテクニックを使ってきます

 

 

 

 

 

 

そういう場合はまずそういう人と絶対に雑談をしない

 

 

 

 

これが鉄則です

 

 

 

 

断りには土台作りが大切です

 

 

 

 

 

雑談なら雑談

 

 

 

 

仕事なら仕事

 

 

 

めんどくさい人の頼みを断る上で

 

 

 

 

そういったところははっきりさせておくべきでしょう

 

 

 

 

 

ステップ3

 

 

 

 

 

でもやっぱり雑談をしたいだけの時もあると思います

 

 

 

 

友達と雑談

 

 

 

 

仕事の人と雑談

 

 

 

 

 

それはしたらいいと思います

 

 

 

 

 

でも雑談をしたいのか

 

 

 

お願いをしたいのか

 

 

 

 

よくわからない感じで話しかけてくる人にはまずこういいましょう

 

 

 

 

 

 

 

「何の用ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

これが一番早いです

 

 

 

 

 

 

雑談しにきたのなら雑談をしにきましたって報告させて

 

 

 

 

お願いしにきたのならお願いしにきましたって報告させます

 

 

 

 

 

そこを曖昧にしてくるような人はだいたい雑談とみせかけてお願いをしてくるやつなんで

 

 

 

曖昧にしてくる場合は無視しましょう

 

 

 

無視かしつこいぐらい

 

 

 

何の用ですか?

 

 

 

なにしにきたんですか?

 

 

 

邪魔なんですけど?

 

 

 

 

忙しいんでどっかいってもらっていいですか?

 

 

 

と、言いましょう

 

 

 

 

 

 

大丈夫です

 

 

 

冷たくはありません

 

 

 

人の時間を平気で奪い取ろうとしてくるその人たちの方がよっぽど冷たいです

 

 

 

時間泥棒です

 

 

 

 

腹立ちます

(本音です)

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

 

いーやんいーやんちょっとぐらいいーやん

 

 

 

 

と、ゴリ押ししてくる人には

 

 

 

 

こっちからもお願いをしましょう

 

 

 

 

 

 

お願いをしてくるのをやめてもらうようにお願いしましょう

 

 

 

 

お願いされるの嫌いやからお願いしやんといてもらっていいですか?

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

 

そっちがお願いしてくるなら

 

 

 

こっちもお願いをしましょう

 

 

 

 

なんならもっと理不尽なお願いをしつこくしてあげましましょう

 

 

 

 

 

 

「ごめ〜ん!特に理由とかないねんけどなんとなく100万円欲しいから100万円くれへん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理やったら借りればいいやん!

 

 

 

 

 

とか言いましょう

 

 

 

 

 

 

お願いしてくる人たちが言ってることは簡単に言ったらそういうことです

 

 

 

 

 

無償でなにかしてもらえませんか?

 

 

 

仲良しやからいいでしょう?

 

 

 

 

 

そういうことです

 

 

 

 

ならこっちもお願いをしてもいいはずです

 

 

 

 

 

 

無償でお金をくれませんか?

 

 

 

 

仲良しやからいいでしょ?

 

 

 

 

 

そういうことです

 

 

 

 

 

 

だから断りは必要なんです

 

 

 

 

 

自分を守るためにも

 

 

 

 

大切な人を守るためにも

 

 

 

 

めんどくさい人を見極めて

 

 

 

本当に大切な人を見極めて

 

 

 

 

 

自分の幸せを見極める

 

 

 

 

 

それが最終的な目標やと思います

 

 

 

 

 

 

そのためにも断るっていう技術は必要やと思います

 

 

 

 

特に今の時代一人で生きていける時代です

 

 

 

 

 

他人に頼らなくても一人でやっていけるのにお願いなんか聞か必要ないと思います

 

 

 

めんどくさい人のお願いを断って幸せになりましょう

 

 

 

 

 

さあみなさんも明日から

 

 

 

 

レッツ断り✊️

 

 

 

 

 

以上です

 

 

 

 

 

ほな