たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

春はあげぽよ

 

 

あー春やなぁー

 

 

 

 

 

 

 

 

いい天気やなぁー

 

 

 

 

 

 

 

こういう日はお外でピクニックとかバーベキューとかして楽しく過ごしたいなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか思ってたら

 

 

 

 

 

 

 

停止線で停止してなくて警察に7000円の切符切られた

 

 

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

その瞬間俺は思った

 

 

 

 

 

 

 

やばい

 

 

 

 

 

 

シンプルに切られてもうた

 

 

 

 

 

 

 

ただただ止められた

 

 

 

 

 

 

 

しかもめっちゃ優しそうな警察の人でこっちが怒るスキなどまるでない

 

 

 

 

 

 

やばい

 

 

 

 

 

1番おもろないパターンのやつや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう俺は確信した

 

 

 

 

 

 

 

で、切符切るんでもうちょっとお待ちくださいねー

 

 

 

 

って言われてる時も

 

 

 

 

 

 

なんかないか

 

 

 

 

 

なんかおもろいことないか

 

 

 

 

いっそのこと逃げたろかな

 

 

 

 

いや、それはシンプルにあかん

 

 

 

 

 

ただの逃走犯や

 

 

 

 

 

 

 

間違えて他のやつの切符切らんかなとか

 

 

 

 

 

 

 

 

突然大地震きて切符どころじゃなくなるとか

 

 

 

 

 

って探したけど全くなかった

 

 

 

 

 

ウルトラ平和やった

 

 

 

 

 

 

俺以外

 

 

 

 

 

そしてただ通りすがる車に哀れみの目で見られるだけやった

 

 

 

 

 

 

 

このどこにもぶつけようのない哀しみ

 

 

 

 

いや、まあほんまは俺の心にぶつかるべきやねんけど

 

 

 

 

 

 

ぶつけたくない気持ちで溢れかえった俺の心はまるで散歩連れてって帰りたくない時の犬のごとしやって

 

 

 

 

頑なに拒んできてんな

 

 

 

 

 

 

ビクともしやんかった

 

 

 

 

 

 

だからとりあえずブログに書こうと

 

 

 

 

 

 

嫌なことがあったらとりあえずブログに書けばいいってなんかの本に載ってそうやから

 

 

 

 

とりあえず書いてみたけど

 

 

 

 

 

やっぱどうにもならんな

 

 

 

 

 

 

 

だってシンプルに俺が悪いもん

 

 

 

 

 

めっちゃ停止しやんかったもん

 

 

 

 

高速の合流ぐらい加速してもうたわ

 

 

 

 

くっそ

 

 

俺が何したっていうねん

 

 

 

 

 

昨日うどんにねぎ入れすぎたのがあかんかったんかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっつも捕まってるやつを見下してたのがあかんかったんかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃテレビ見ながら運転してたのがあかんかったんかな?

 

 

 

 

 

 

フィットネスで女の子のお尻ばっかり見てたのがよくなかったんかな?

 

 

 

 

 

 

フィットネスで店員が話しかけてきてるのをガン無視したのがあかんかったんかな?

 

 

 

 

 

 

日頃の贅沢してるのにほとんど働いてないのがあかんかったんか?

 

 

 

 

 

お昼にいつもより、ちょっと高めのアイスクリーム食べたのがあかんかったんかな?

 

 

 

 

 

 

 

くそ、原因が多すぎて全くわからへん

 

 

 

 

 

 

 

なぜだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあでも生きてるからいいわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ今回はこれで終わり

 

 

 

 

 

 

 

次回「7000円の違反切符に勝手に数字加えて多めに払ってみた」の巻

 

 

 

 

 

 

 

次回もお楽しみに

 

 

 

 

 

 

 

ほな