たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

寝巻き

 

 

 

最近僕は寝巻きを買った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故だろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく買った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対いらんやろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも一応着てみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこそこ着心地が良かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定2日目にはふつうにいつものやつで寝ていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーも福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから今日は忘れずに寝巻きを着てる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想としては

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくわからない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あきたこまち

 

 

 

 

 

 

 

 

そのへんの米ぐらいの差はあると思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けどまあ米は米

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食えたらなんでもいいやん

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいな領域の話だと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝れたらなんでもいい

 

 

 

 

 

 

的な

 

 

 

 

 

 

 

もし俺がアスリートやったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうところまでこだわったほうがいいのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスリートというのは

 

 

 

 

 

 

道具一つの差でも勝敗が決まる世界である

 

 

 

 

 

有名な話だが

 

 

 

 

 

イチロー選手は

 

 

 

 

 

 

絶対自分のバット以外のバットを持たないらしい

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

 

他のバットの重みの感触が残るのがいやだからだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぐらいアスリートというのは道具一つ一つにこだわりを持っているのである

 

 

 

 

 

 

 

まあ

 

 

 

 

 

 

言うまでもないが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はアスリートではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらかといえば一般ピーポーだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらかという前に一般ピーポーだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音的にアスリートみたいな感じで言うとしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イパピーポである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなイパピーポの私が

 

 

 

 

 

 

寝巻きにこだわる必要が果たしてあったのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えるまでもない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはノーだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私イパピーポであるにもかかわらず

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か寝る時専用の服を購入してしまったのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな自分の愚かさを少しでも和らげるためには

 

 

 

 

 

 

 

 

道具にこだわるアスリートのように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自らも

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとだけアスリートになること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかない

 

 

 

 

 

 

 

 

と、私はそう思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったのではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ってしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ「思ってしまった」という表現をしたかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違うからである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん違うということに自分自身が薄々気づいているからである

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

世間はきっとこういうだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶんじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対ちゃうと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

 

 

 

しかしそんなことは気にしない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことをいちいち気にするようなやつは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな訳のわからないブログは書かない

 

 

 

 

 

 

 

 

というか書けない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には才能がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭がおかしい才能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれを全く悪いことと思っていない

 

 

 

 

 

 

 

なんなら誇らしげに見せびらかす才能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで漏らしたうんこを手のひらにつけて嬉しそうにみんなに見せびらかすような

 

 

 

 

 

 

 

そんな狂気さえ感じる

 

 

 

 

 

 

 

 

おそろしい才能である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと話が逸れた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪い癖だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから私はアスリートに少しでも近付こうと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は筋トレを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しだけしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自慢ではないが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れたらすぐやめる程度にはこなしているつもりだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで話が長くなってしまったが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論として

 

 

 

 

 

 

 

私が言いたいことは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝巻きを買ったよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということだけだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ寝巻きを買ったということを

 

 

 

 

 

 

 

 

限界まで引き伸ばすと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じになるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのをお伝えしたかっただけだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな