たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

色んなことを考える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生の時

 

 

 

 

 

 

勉強が嫌いやって

 

 

 

 

 

 

 

 

でも授業って嫌でも60分座らなあかんやん

 

 

だから

 

 

 

 

 

宇宙ってなんなんやろ

 

 

 

 

 

 

 

俺は何をするために生まれてきて何をすればいいんやろう

 

 

 

とか

 

 

それか何かをするために生まれてきたとか本当はそんなんもなんにもなく、

ただ単に命が勝手にあって勝手に生きてるだけなんかなぁ

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が必死にしてる今この何かも実は宇宙からしたら全く意味のないことで

 

 

 

 

 

俺が一生懸命働くのもアリがエサを運ぶのと同じようなもんなんかな

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

まあでもそんなこと考えてても周りには伝わらへんしこれを考えるのも無駄なんやろうなぁ

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

それでも実は俺と同じようなことを考えてて、同じように生きてるけど、どうせ伝わらへんし変な奴って思われるだけやから言わんとこって思ってる人もおるんやろなきっと

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

誰しもそうやって必要じゃないことは考えへんくなってみんな現実に必要なことだけを脳の中に作り上げていく生き物なんやろうな人間って

 

 

 

 

 

 

 

そうか、じゃあ俺もいつかそうやって哲学的なこととか考えなくなってしまう時が来るんかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

そう思ったら

 

 

 

 

 

 

 

余計に

 

 

 

 

 

 

 

俺ってなんのために生まれてきたんやろ??

 

 

 

ってまた振り出しに戻るねんな

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら今までの考え方の回路に違う分かれ道があったんかもしれへん

 

 

 

 

 

 

 

そう思って

 

 

 

 

 

 

 

もう一回丁寧に考え直すねんな

 

 

 

 

 

 

 

こうかな?

 

 

 

 

これはこうかな?

 

 

 

 

 

 

そうやったら自分が納得できひんからそれは違うとか

 

 

 

 

 

そうやとしたらこれとこれが辻褄が合えへんから違う

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

そういうことを色々考えてたら

 

 

 

 

 

 

授業が終わって

 

 

 

 

 

 

友達が寄ってきて

 

 

 

 

「飯いこーぜー」っていわれて

 

 

 

 

 

 

 

「おーいこかー」って

 

 

 

 

 

 

 

言うのよな俺は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに考えても

 

 

 

 

リアルな現実は絶対にやってくる

 

 

 

 

 

 

 

無理やりベルトコンベアに乗せられて

 

 

 

 

 

 

 

走らされて

 

 

 

 

 

 

走る速度が落ちたら

 

 

 

 

 

 

そのまま闇の中に葬りさられそうな

 

 

 

 

そんな感覚

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

 

 

 

めんどくさいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

考え事したかったら

 

 

 

 

 

現実をほどほどにがんばらなあかんねんなぁ

 

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

 

そう思う俺でした

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

ほな