たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

昔の話

 

 

 

 

 

この前

 

 

 

 

 

 

 

 

まあまあ仕事が忙しかって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日いつ帰れるんやろ…

 

 

 

 

 

 

 

まだあんのかな?

 

 

 

 

 

 

 

っていうぐらい仕事が終わらんくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば

 

 

 

 

 

 

 

 

俺昔中学生の時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと部活しんどかったなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

って思いだしたから

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなけしんどかったか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話すな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず

 

 

 

 

 

 

 

先生が鬼やねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が中学1年生の時に

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてサッカー部を見たとき

 

 

 

 

 

 

グラウンドで

 

 

 

 

 

 

 

他の部活はどこもしてないのに

 

 

 

 

 

 

 

サッカー部だけ

 

 

 

 

 

 

 

コーン並べてて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍隊みたいにドリブルの練習をしてて

 

 

 

 

 

 

 

 

その横に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか竹刀を持って立ってて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対サッカー部入るのやめよ

 

 

 

 

 

 

 

って誓ってんな

 

 

 

 

 

 

 

 

俺陸上部入ろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足速いし

 

 

 

 

 

 

 

って内心95%ぐらい決めてて

 

 

 

 

 

 

 

 

でも小学校からサッカーやってたチームメイトとか

 

 

 

 

 

 

小学校のコーチとかが

 

 

 

 

 

 

 

入れよ!

 

 

 

みんなでがんばれよ!

 

 

 

 

 

 

 

的なこと言って

 

 

 

 

 

 

 

お兄ちゃんも入ってたっていうのもあるけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか入ってしまってんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからが地獄の始まりで

 

 

 

 

 

 

 

 

まず

 

 

 

 

 

 

 

練習がなぜか毎日あんねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

他の部活は休みの時とかあんのよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもサッカー部だけ毎日あんねん

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも長い

 

 

 

 

練習が

 

 

 

 

 

 

 

 

土日で朝からやったら

 

 

 

 

 

 

 

 

朝9時ぐらいから

 

 

 

 

昼13時まで

 

 

 

 

 

 

 

 

なげぇーーー

 

 

 

 

 

 

 

真夏に4時間も練習してたらな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑すぎて

 

 

 

 

 

 

しんどすぎて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空を見て

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな小さいやつでもいいから

 

 

 

 

 

 

 

雲を探して

 

 

 

 

 

 

 

 

それが太陽に重なる瞬間をずっと待ってた

 

 

 

 

 

 

 

 

それぐらいしか楽しみがなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

俺だけかなと思ってたら

 

 

 

 

 

 

 

他の子もしてて

 

 

 

 

 

 

 

 

「もうすぐ影できるな!」

 

 

 

 

 

 

 

とか言ってて

 

 

 

 

 

 

空に影ができただけで喜んでたぐらい厳しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ色々あるねんけど

 

 

 

 

 

 

 

1番鬼やなぁって思ったのが

 

 

 

 

 

 

 

大阪のそこそこ大きい大会があって

 

 

 

 

 

 

 

 

初戦

 

 

 

 

 

 

 

当たったチームが

 

 

 

 

 

 

 

どうやら弱いらしいと

 

 

 

 

 

 

 

これはいけると

 

 

 

 

 

 

 

 

小耳に挟んで

 

 

 

 

 

 

 

まあ余裕ぶっこいててんな

 

 

 

 

 

 

 

まあ初戦は勝てるやろみたいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんで

 

 

 

 

 

 

 

試合当日になって

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ弱そうやねん相手

 

 

 

 

 

 

 

 

で、俺らは軍隊みたいに育てられてるから強い方やねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんで

 

 

 

 

 

 

 

試合始まる前に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生が

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前ら、余裕ぶっこいてるかもしらんけど

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなん許さへんからな」

 

 

 

 

 

 

 

って言い出して

 

 

 

 

 

 

 

みんな、え?ってなって

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前ら、あいつらから14点とってこい

 

 

 

 

 

 

 

取られへんかったら100本ダッシュな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って先生が言い出して

 

 

 

 

 

 

 

でもみんな怖くてそれに抵抗できるやつなんかおらんから

 

 

 

 

 

 

 

ふたつ返事で

 

 

 

 

「はい!!」って言うしかないねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんで試合始まる直前で

 

 

 

 

 

 

円陣組みながら

 

 

 

 

 

 

 

 

「え?14点?って言ってた?言ってたよな?」

 

 

 

 

 

「え?14点ってことは前半で7点やんな?7点ってことは前半30分やから半分で15分で3.5点で…」

 

 

 

 

 

 

 

って細かい計算してたら

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ約3分に1点をとらな100本ダッシュ確定っていうことが試合直前で発覚して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やばい!やばいやばい!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってなって

 

 

 

 

 

 

 

 

始まった瞬間に

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画みたいに

 

 

 

 

 

 

 

ポンポンポンポーン

 

 

 

 

 

 

 

ってまず一点が入ってんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら入った瞬間のその球を

 

 

 

 

 

自分達で入れたのに自分たちでまたソッコー真ん中に戻すっていうな

 

 

 

 

 

 

 

ほんまは勝ってる方って時間稼ぎしたいから

 

 

 

 

 

 

 

そういうのせえへんのよ

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりして時間経ってくれたほうが勝つ確率高いから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも俺らは14点とらな100本ダッシュという意味不明なペナルティを背負ってるから

 

 

 

 

 

 

 

 

もーダッシュでとにかく点を取りたくて仕方なかってんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、最終的に

 

 

 

 

 

 

 

 

14点は取れてんなたしか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんでみんなで試合終わって

 

 

 

 

 

 

 

よかったー…

 

 

 

 

 

 

14点とれたなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

っていう初戦から完全勝利やのに

 

 

 

 

 

めっちゃ安堵しててんけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺らまさかの1点とられてしまっててんな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生はそれが気に入らんくて

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前ら

 

 

 

 

何1点入れられてん?

 

 

 

 

 

 

 

こんな格下相手に一点入れられるってどういうことやねん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

雲行きがあやしいぞ?

 

 

 

 

 

 

 

 

って思ったら

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前ら今日100本ダッシュしとけよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか14対1で勝ったのに

 

 

 

 

 

 

 

 

100本ダッシュさせられるっていう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍隊か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生からしたら14点はどうやら当たり前らしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーで14点って

 

 

 

 

 

 

 

ないよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも試合終わってから100本ダッシュ

 

 

 

 

 

 

 

 

まあまあきついよ?

 

 

 

 

 

 

 

家に帰ってゆっくりしたいよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は今はこんなんやけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔はそういう軍隊みたいな部活をしてた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから朝遅刻することなんか滅多にないし

 

 

 

 

 

 

 

時間はきっちり守るし

 

 

 

 

 

 

 

挨拶は当たり前にするし

 

 

 

 

 

 

 

休みますとかも、連絡もしやんかったら

 

 

 

 

 

次の日「もうこやんでいいよ」って言われてる先輩とか見てたから怖くてそういうのはちゃんとしやなあかんという概念が強い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボったりなんかしたらもーやばい

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の友達がサボってて

 

 

 

 

 

 

 

目の前でドロップキックされてるの見てるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うぇーーーーーー!!!

 

 

 

 

ってなったから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生で初めてドロップキックをみたのその時やったわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以来見てないわ

 

 

 

 

 

 

 

生のドロップキック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の時代はまだ暴力セーフな時やったから

 

 

 

 

 

 

 

試合中に

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスったら

 

 

 

 

 

 

 

そいつ

 

 

 

 

 

 

 

コートのギリギリまで呼ばれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合中やのに

 

 

 

 

 

 

 

傘でおもくそしばかれてて

 

 

 

 

 

 

 

 

こっわ

 

 

 

 

 

 

 

 

って思ってた

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は幸いなことに

 

 

 

 

 

 

 

足がめちゃくちゃ速くて

 

 

 

 

怒られたくないから

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら

 

 

 

 

 

 

 

 

むちゃくちゃ走ってたら

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばってるっていう風にとってもらえて

 

 

 

 

 

 

 

 

あんまり怒られやんかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生が出す

 

 

 

俺への支持は

 

 

 

 

 

 

 

「たつま

 

 

 

 

 

 

お前はとにかく走れ!

 

 

 

 

 

 

 

 

走って敵の体力を削ってこい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけやった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから俺は走った

 

 

 

 

 

 

 

 

走って走って走りまくった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶんメロスより走った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それかメロス並み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走りすぎて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の筋肉がめちゃくちゃついて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回走っても疲れへんくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからさらに走った

 

 

 

 

 

 

 

 

走りに走りまくった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺、もしかしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

永遠に走れるかもしれへん

 

 

 

 

 

 

 

と、思って

 

 

 

 

 

 

 

 

走りまくってたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時

 

 

 

 

 

 

筋肉に

 

 

 

 

 

 

 

 

酸素が追いつかんくなって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足じゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

肺が追いつかくんて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる過呼吸になりまして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合中に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさのメンタル面以外での過呼吸になって

 

 

 

 

 

 

 

 

息を吸っても吸っても体が勝手に吸うねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

息が吐かれへんのよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかずっと吸うねん

 

 

 

 

 

 

 

 

スゥ…スゥ…スゥ…

 

 

 

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

 

 

ハァ

 

 

 

 

 

ができひんくて

 

 

 

 

 

 

 

 

試合中に

 

 

 

 

 

 

 

死ぬかと思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとずつ吐いたらいけてんけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それ以上走るのはやめとき!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言ってくれてたんやと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぐらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかストイックな中学時代をすごしてて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう人って

 

 

 

 

 

 

今考えたら

 

 

 

 

 

 

 

あんまおらんのちゃうかなぁと思って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えたら中学時代って俺の性格形成に

 

 

 

 

 

すごい影響を与えてるんちゃうかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、思いました

 

 

 

 

 

みなさんも

 

 

 

 

 

こんな中学時代だったよー!

 

 

 

 

 

 

 

 

っていう意見があれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非心の中で思い出して

 

 

 

 

 

 

心の中にそっとしまっておいてください

 

 

 

 

 

 

 

 

べつに発表はしなくていいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな