たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

いつ死ぬかわからんから

 

 

 

いつ死ぬかわからんから

 

 

 

 

 

 

 

お金貯めとく

 

 

 

 

 

 

という発想じゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

いつ死ぬかわからんから

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなことしていたい

 

 

 

 

 

 

 

そうやろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福本です

 

 

 

 

 

 

 

 

今日

 

 

 

実家でご飯食べたら

 

 

 

 

 

 

 

また将来の話になって

 

 

 

 

 

「お前どーすんねん!?」

 

 

 

 

 

みたいなこと言われて

 

 

 

 

 

 

いつ死ぬかわからんから俺は好きに生きていたい

 

 

 

 

 

って正直に言ったら

 

 

 

 

 

 

 

心配やから安定した職についてくれ的なこと言われてんけど

 

 

 

 

 

 

 

いやとかじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

無理やねん

 

 

 

 

 

 

 

そういう性格やねん

 

 

 

 

 

 

 

 

ていうか

 

 

 

 

俺がちゃんとした会社に入るんじゃなくて

 

 

 

 

 

親が心配するのをやめればいいやん

 

 

 

 

って思うのは俺だけかな

 

 

 

 

 

 

 

俺は親になったことがないからわからんけど

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも心配かてるほうがおかしいと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

わからんけど

 

 

 

 

 

 

まあ俺そんなボロカス言われて泣いたんやけどな

 

 

 

俺って

 

 

 

メンタル弱いなぁ

 

 

 

って思った

 

 

 

 

 

 

 

でもな

 

 

 

 

 

メンタル弱くても

 

 

 

 

すぐ泣いても

 

 

 

 

 

 

俺は自分でいたい

 

 

 

 

 

 

こんな自分が好きや

 

 

と言える人間でありたい

 

 

 

 

 

 

だから俺は誰になにを言われても自分を曲げへんし

 

 

 

誰に嫌われても自分だけは自分を好きと言っていたい

 

 

 

 

 

 

 

俺はそんなことを堂々と言える自分が好き

 

 

 

 

 

 

自分のことを好きって言ってあげれてる人も好き

 

 

 

 

 

 

自分ラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

てかなんか俺最近めっちゃ泣くねんな

 

 

 

 

チョコが死んでから特に

 

 

 

 

 

涙が

 

 

 

 

我慢できひんくなってる

 

 

 

 

 

 

 

なんかでもそうなったら

 

 

 

 

 

 

 

逆に泣こかなと思ってる

 

 

 

 

 

どうせ我慢できひんねやったら

 

 

 

 

思いっきり泣こかなみたいな

 

 

 

 

思いっきり泣くし

 

 

 

思いっきり本音言おかなみたいな

 

 

 

 

 

 

 

自分にめっちゃ正直に生きようと思ってきた

 

 

 

 

 

 

だって

 

 

 

 

 

 

嘘とかついても結局ストレスやし

 

 

 

 

 

 

いつかほんまのこと言いたくなるんやったら

 

 

 

 

最初から言っとけばええやん

 

 

 

 

 

 

 

っていう感じ

 

 

 

 

 

 

 

やし

 

正直なほうがわかりやすくてええやろ

 

俺は

 

 

ずる賢い人より

 

 

バカ正直な人の方が好きやから

 

 

 

 

 

 

 

俺もそういう人でありたい

 

 

 

 

 

 

 

ていうかウソつかれへんし

 

 

 

 

 

 

嘘つくのめんどくさいし

 

 

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

 

 

 

どんなんでもいいから

 

 

自分らしく生きていければいいんじゃないかなぁ

 

と思う俺でした

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

ほな