たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

天才を殺す凡人

 

 

 

 

 

f:id:tatsuman:20191220144732j:image

 

 

 

 

今日はこの本を読んで来ました

 

 

 

 

 

 

 

天才を殺す凡人

 

 

 

 

 

 

 

えと

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと

 

 

 

 

 

 

 

この世界には

 

 

 

 

 

3タイプの人がいて

 

 

 

 

 

 

 

凡人タイプと

 

 

 

秀才タイプと

 

 

 

 

天才タイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

でこれがジャンケンみたいになってて

 

 

 

 

凡人は共感性があって人の気持ちがわかって数が多いけど、人を理解させる能力が高い秀才には弱くて集団を理解させることができない天才には強い

 

 

 

秀才は再現性と論理性があって凡人を動かすことができるけど革新的なアイデアは生み出すことができないから天才に弱いけど凡人には強い

 

 

 

 

天才は革新的な物事を生み出すことができるけど、共感されないから凡人に弱いけど秀才には強い

 

 

 

 

 

 

 

 

っていう感じで

 

 

 

 

 

 

 

人はどれかに分類されるんやって

 

 

 

 

 

でも割合があって

 

 

 

 

凡人:7

秀才:2

天才:1

 

 

っていう感じで

 

 

 

主に凡人タイプやけど

 

 

 

 

秀才と天才も少しは混ざってる

 

 

 

 

みたいな感じで

 

 

 

 

 

みんながみんなその割合がバラバラに存在してるんやって

 

 

 

 

 

 

 

必ずしも天才が偉いとか言うわけでもなく

 

 

 

 

 

 

凡人がダメっていうこともなく

 

 

 

 

 

秀才がすごいってことでもない

 

 

 

 

 

あくまで性質の話で

 

 

 

 

 

どれかの性質の人は

 

 

どれかの性質に弱かったり強かったりする

 

 

 

 

 

逆に言えば

 

 

 

 

それを理解して

 

 

 

 

異なる性質同士が助け合えば

 

 

 

 

 

 

世の中もっと良くなるよね

 

 

 

 

 

 

っていうことが書いてある本やった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は

 

 

 

 

質問形式で自分のタイプがわかるやつでやっていったら

 

 

 

 

 

性質的に主に天才タイプやった

 

 

 

 

 

 

 

天才タイプは常に孤独で本当は凡人に認められたい

 

 

 

やけど説明能力が低いから伝わらなくて

 

 

 

凡人から変な人扱いされるっていう

 

 

 

 

で、天才タイプは凡人タイプと秀才タイプには見えない「なにか」が見えてるらしくて

 

 

 

 

だからそれを込みで会話してるから見えてない他の2つのタイプからしたら

「なんかこいつ変なこと言ってる」

 

 

みたいになって阻害されやすいらしいよ

 

 

 

 

 

 

俺は天才タイプの話のところだけすごく共感できたし

 

 

天才が抱える孤独みたいなのもめっちゃ共感できた

 

 

 

でも自分が天才とか言ったら

 

「こいつ自分で自分のこと天才とか言ってる」

 

って思われて嫌われるかもしれんから言いたくないなぁ

 

 

って思ったけど

 

 

 

 

最後まで本を読んだらそんなことなくて

 

 

 

むしろ天才タイプは凡人タイプの人に殺されることあるんや

 

って

 

 

 

まさにジャンケンみたいになってるんやって知って

 

 

 

じゃあ別に言ってもええか

 

 

ってなった

 

 

 

 

俺は人に共感するとか苦手かもしれへん

 

 

 

だから共感できる人ってすげーなって思うし

 

 

ビジネスをうまくできる人とか羨ましいなぁって思う

 

 

だって俺お金もないし友達もおらんし

 

 

誰にも理解されへんし

 

 

ずっとひとりぼっちやし

 

 

 

 

なれるんやったらどっちかのタイプになりたいってめっちゃ思ってて

 

 

 

普通の仕事してみたりしたけど

 

 

やっぱ馴染めんくて

 

 

 

 

心の底にいる本音の自分が

 

 

「お前こんなところでこんなことしてて楽しいか?」

 

ってめっちゃ言ってくるのが辛くて

 

 

 

 

 

それでメンタルやられて仕事できひんくなるねんないつも

 

 

 

 

 

 

あ、後天才タイプは飽き性が多いらしいよ

 

 

 

 

 

同じこと繰り返すのが苦手で

 

 

でも短期的な記憶力はあるから

 

最初はどーん!って覚えがめちゃいいねんけど

 

 

飽きたらやる気がなくなるから

 

 

次の違うことしたほうがいいらしいよ

 

 

 

 

 

俺は天才タイプやったから天才タイプのところしか見てないけど

 

 

 

 

自分のタイプ別に見たらおもしろいと思うから

 

 

 

 

おすすめの本やと思う

 

 

 

 

 

 

なんか凡人タイプにもさらに3種類ぐらいあったりとか

 

 

天才と秀才もそれぞれ2種類あったりとか

 

 

 

自分がどのタイプで

 

 

どのタイプと相性が良くてどのタイプと相性が悪いのかとかわかりやすいし

 

 

どのタイプの人を味方につけたらいいのかとかわかるから

 

 

 

よかったら

 

 

 

見てみてください

 

 

 

 

 

 

今日はこんな感じでまじめに終わろうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな