たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

人生を楽しむことのできる才能がある人は羨ましい

 

 

昔な

 

 

 

 

スマブラっていうゲームをしてた時

 

 

 

 

 

 

 

俺はとにかく強かってんな

 

 

 

強くなりたかったし

 

 

 

 

 

強くなったらなんか知らんけどいいと思ってた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、強くなってんな

 

 

 

 

 

 

強くなったら確かにおもしろかった

 

 

 

 

 

だって勝つもん

 

 

 

 

 

 

でも途中から

 

 

 

 

 

強いから勝つ

 

 

 

っていうのが当たり前になってしまって

 

 

 

 

 

逆に面白く無くなってんな

 

 

 

 

 

 

だって勝つもん

 

 

 

 

 

 

 

で、ある時

 

 

 

 

もう勝つの確定してるから

 

 

 

 

弱い人の戦いをぼーっと見ててんな

 

 

 

 

 

 

そしたらめっちゃ下手くそやねんけど

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ楽しそうにゲームしてるねん

 

 

 

 

 

 

 

それがなんかわからんけど羨ましくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー弱くても楽しんやって思った

 

 

 

 

 

 

なんか文字だけ見たらめっちゃ嫌味っぽいけど

 

 

 

 

 

 

全く嫌味とかではなくて

 

 

 

 

 

ほんまにそう思った

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてゆうか

 

 

 

 

例えるなら

 

 

 

 

 

子供が鬼ごっこして

 

 

 

 

楽しそうにしてるの見てる感じやった

 

 

 

 

 

 

 

だって鬼ごっこってただ走ってタッチするだけの遊びやで?

 

 

 

 

 

 

 

 

それであんなに楽しめるって

 

 

 

 

 

 

 

 

それはすごい才能やと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな事で大きく喜べるって

 

 

 

 

 

めちゃめちゃエコやん

 

 

 

 

 

 

うんこって言っただけで爆笑できるってめっちゃ幸せやん

 

 

 

 

 

 

 

俺もそういう小さな事で喜べたら

 

 

 

 

 

もうちょっとひねくれずに済んだかもしれんな

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば昨日

 

 

 

 

今働いてるところの会社の新年会に誘われて

 

 

 

 

 

まあ暇やしいっかと思って

 

行ってんな

 

 

 

 

 

そんで二次会にスナックに行くことになって

 

 

 

 

俺スナックとか初めてやから

 

 

 

 

 

どんなんなんやろうと思って

 

 

 

 

興味本位で行ってんな

 

 

 

 

 

 

でまああーこんな感じかあ

 

 

 

と思って

 

 

 

 

みんな楽しそうというか

 

 

 

 

仕事とか家庭とかで疲れたおじさんたちが唯一の自分の心を素直に解放できる場所

 

 

 

みたいな感じなんやろうなあ

 

 

 

 

と思いながら周り見てたら

 

 

 

 

たぶん俺みたいなやつが来る場所ではなかったんやろうな

 

 

 

 

 

スナックのお姉さん的な人が話しかけてきてくれて

 

 

 

 

「楽しんでる?」的なことを聞かれて

 

 

 

 

 

俺は周りあんま知らん人だらけやから当たり障りのないこと言ったら

 

 

 

 

「まるでそういう教科書読んだみたいなお手本のような答えやね笑」

 

 

 

 

って言ってきて

 

 

 

 

 

 

「でも、君は周りに合わせてる風やけど本当は芯のある人ですね。」

 

 

 

って言ってくれて

 

 

 

 

 

 

 

 

あーこの短いラリーでここまで俺の本質に近づいてこれるって

 

 

 

さすが水商売してる人は一味違うなあ

 

 

 

って思った

 

 

 

 

すごいなーって

 

 

 

この世にはいろんなプロがいてて

 

 

 

 

いろんなプロがいろんなプロを支え合っているんやなって思いました

 

 

 

 

 

 

 

スナックを楽しんだというよりは

 

 

 

 

スナックっていうところで働いてる人の能力に興味を覚えた

 

 

 

 

っていう感じやった

 

 

 

 

 

 

そういう点では楽しかったって言ってもまあ間違えではないんちゃうかなと思うな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ俺1人やったら絶対行かんやろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからいい経験になった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもしろかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな