たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

なぜ真剣にかんがえるのか

 

 

 

 

 

正直

 

 

 

 

 

 

適当に考えて

 

 

 

 

適当に生きて

 

 

 

 

 

 

 

適当に死んだら

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ楽やん

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

なんでそうしやんのかって

 

 

 

 

 

 

考えたら

 

 

 

 

 

 

やっぱ

 

 

 

 

 

真剣に生きたほうが

 

 

 

 

 

 

 

おもろいから

 

 

 

 

 

 

やろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでもそうやん

 

 

 

 

 

 

 

 

テキトーにやるより

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣にやったほうがおもしろいやん

 

 

 

 

 

 

 

 

だから俺は

 

 

 

 

 

 

 

真剣に生きてるんやと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほうがおもしろいから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいごとじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

おもろいから

 

 

 

 

 

 

 

よく勘違いされるねん

 

 

 

 

 

 

俺がきれいごとっぽいこと言ってるから

 

 

 

 

 

 

 

俺がすごい良いやつやと

 

 

 

 

 

 

たまに勘違いして対応してくる方がいてるんやけど

 

 

 

 

 

 

違うで

 

 

 

 

 

 

俺は

 

 

 

 

 

 

 

俺がおもろいから

 

 

 

 

真剣にいろんなことを考えてるだけで

 

 

 

 

 

 

 

他人を幸せにしたいとか

 

 

 

 

 

 

そんなことは全く考えてない

 

 

 

 

 

 

 

自分が幸せになることを基準に全てのことを考えてるんやで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その過程でたまたま俺の周りの誰かが勝手に幸せになることもあるよ

 

 

 

 

 

 

たまに

 

 

 

 

 

 

でもそれは俺が幸せにしたんじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

その人が勝手に幸せになっただけやから

 

 

 

 

 

 

 

俺はなんの関係もない

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はその人を幸せにしたいとかこれっぽっちも思ってない

 

 

 

 

 

 

 

 

だから逆もそうで

 

 

 

 

 

俺が言った言葉とか

 

 

 

行動で

 

 

 

 

 

勝手に傷ついて

 

 

 

 

 

勝手に自分から不幸になってく人もおる

 

 

 

 

 

 

 

けど別に俺はそんなことしたくてしたわけじゃなくて

 

 

 

 

 

 

その人が勝手にそうなっただけで

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は関係ない

 

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

結局その人がどう思うかでその人の世界は決まるから

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は知らん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せになりたかったら勝手になればいいし

 

 

 

 

 

不幸せになりたかったら勝手になればいいやん

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は俺がおもろいから俺がおもろいと思うことをしてるだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉と気持ちになんの裏もなくて

 

 

 

 

 

 

ただただ真実やねんな

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたい時にやりたいことをして

 

 

 

 

 

やりたくないことはすぐに辞める

 

 

 

 

 

 

 

 

ただその一瞬一瞬を生きてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけ

 

 

 

 

 

 

その瞬間真剣に生きる

 

 

 

 

 

 

その連続

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも

 

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死ぬまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうことやな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな