たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

他人ことをバカにしないほうがいい理由

 

 

 

 

 

 

他人のことをバカにしてる人っていますよね。

 

 

 

 

 

 

口に出さなくても心の中では

 

 

 

 

「あーバカだなこいつ、使えねぇなー」

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

「なに言ってんの?そんなのお前ができるわけないじゃん」

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

他人な対してそう思ってる人はやめたほうがいいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分ががんばろうとした時にその言葉が全部そっくりそのまま自分に返ってくるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人を心の中でバカにするということは

 

 

 

 

 

他人からも自分がそう思われているんじゃないか

 

 

と、いう疑念が出てきます

 

 

 

その疑念があると

 

 

 

 

 

自分が一生懸命がんばろうとしても

 

 

 

 

「あ、こんなことして実は他人にバカにされてるんじゃないかな?」

 

 

 

 

って人の心って思うんです

 

 

 

 

 

 

結果的に言えば

 

 

 

 

 

 

他人のことをバカにするということは

 

 

 

 

 

 

 

自分のことをバカにしているようなもんなんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人は自分の鏡ってよく言いますよね?

 

 

 

 

あれは本当です

 

 

 

 

自分が他人に接する気持ちが

 

 

 

 

他人から自分がどう思われているかという思い込みを作ります

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が他人に優しくしていれば

 

 

 

 

他人は自分に優しいなと感じとることができるんです

 

 

 

 

 

 

 

自分が他人にそっけなくしていれば

 

 

 

 

他人が自分に対してそっけなくされているんだなと感じるんです

 

 

 

 

 

 

 

自分が他人に対する態度が違えば

 

 

 

他人から返ってくる言葉が違っても感じ方は自分の態度が左右するんです

 

 

 

 

 

例えば上司から

 

例えば同じ怒られ方をされても

 

 

 

 

他人に普段から優しくしていれば

 

 

 

 

 

 

「あ、これは優しさなんだな」

 

 

と、思うことができます

 

 

 

 

でも、普段から他人に冷たくしていれば

 

 

「なんで自分だけこんなに怒られるんだろうれ

 

 

 

 

という考え方になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の気持ちを作っているのはあなたです。

 

 

 

 

 

 

 

自分の心のためにも他人には優しく

 

 

 

 

愚痴や、悪口などは言わないようにしたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほうが僕は幸せだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、終わります。