たつまんのブログ

俺の俺による俺のための俺のブログ

自分を変えることができない人へ

 

 

自分を変えることができないのは

 

 

 

 

 

 

 

間違ってるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

答えは

 

 

 

 

 

 

もちろんノー

 

 

 

 

 

 

俺は自分を変えることができひん

 

 

 

 

昔から

 

 

 

ずっと

 

 

 

なんなら生まれつき

 

 

 

 

 

他人に合わせたり

 

 

 

みんなでおんなじことする時

 

 

 

 

すごいストレスがかかって

 

 

 

 

 

「なんで俺の肉体も魂も俺のものやのにみんなと同じ時間の過ごし方をしやなあかんねやろ」

 

 

 

 

って思ってた

 

 

 

 

なんで姿も形も性格も違うのに

 

 

 

みんな同じことしやなあかんねやろって

 

 

 

 

それはもうずっとで

 

 

 

 

だから俺は集団行動とかすごい苦手っていうか無理で

 

 

 

ストレスでしかないねんな

 

 

 

 

 

なんか俺はそんな自分があかんねや

 

 

周りに合わせるのが大人なんや

 

 

俺は間違ってるんや

 

 

って思ってたけど

 

 

 

 

 

 

 

そうじゃないって気づいて

 

 

なんならそれは俺の個性で

 

 

 

それを活かすべきやと思うねんな

 

 

 

俺は自分が強いから

 

 

 

自分をおさえるんじゃなくて

 

 

 

 

むしろ自分を全開にして

 

 

 

自分を押し出したほうがいいと思ってん

 

 

 

 

どや!?みたいな

 

 

 

 

これが俺や

 

 

 

的な

 

 

 

自分の考えとか

 

 

自分のやりたいこととか

 

 

自分の性格とか

 

 

自分のやり方とか

 

 

 

言いまくりたい

 

 

なぜなら自分大好きやから

 

 

 

 

 

 

そんな感じで

 

 

 

他人に合わせられへんねやったら

 

 

 

 

逆に

 

 

 

 

自分を全開にすればええねん

 

 

 

 

自分抑えててもどうせうまく行かへんねんから

 

 

 

それは一つの才能やと俺は思うし

 

 

 

 

 

自分の悪いところは

 

 

開き直ればいい

 

 

 

なんやろ

 

 

 

 

それでうまくいくかどうかは保証できひんけど

 

 

 

 

そのほうがシンプルにスッキリするやん

 

 

 

 

 

それだけでラッキーやん

 

 

 

 

 

自分を変える必要なんかないやん

 

 

 

 

そうですけど

 

 

 

 

性格悪いですけど

 

 

 

頭悪いですけど

 

 

 

 

めんどくさがりですけど

 

 

 

 

 

 

いつも偉そうで上から目線ですけど

 

 

 

 

 

そんなん全部知ってますけど

 

 

 

 

それがなにか?

 

 

 

 

って開き直ればいい

 

 

 

 

だってしゃあないやん

 

 

 

 

治らんねんもん

 

 

 

 

 

性格ねじ曲げて生きてたら

 

 

 

 

ストレス溜まって死んでまうわ

 

 

 

 

だからそのまんまでええねん

 

 

 

 

 

 

賢くストレス溜めて生きるぐらいやったら

 

 

 

 

アホで快適なほうがええやん

 

 

 

 

 

 

そーゆーことや

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

ほな