たつまんのブログ

自分の心の声がみんなに届きますように

なんでここに辿り着いたんやろう

 

 

 

たまに

 

 

 

 

昔のこと思い返してみる

 

 

 

 

 

就職して

 

 

 

 

 

できると思ってたことができなくて

 

 

 

 

 

1人で考えて悩んで泣いて苦しんで

 

 

 

 

平日の昼間に

 

 

 

誰もおらん砂浜を1人で歩いて

 

 

 

 

このままあの海の中に入って行ったら

 

 

 

 

 明日仕事行かんでいいんやなぁ

 

 

 

とか

 

 

 

 

このままバイクであてもなく

 

 

 

 

 

どっか遥か彼方に行けば

 

 

 

 

 

 

この嫌な現実全てから解放されるんやろなぁ

 

 

 

とか

 

 

 

でも親に心配かけたくないとか

 

 

 

そういうこと考えてしまって

 

 

 

 

結局現実に連れ戻されて

 

 

 

 

 

 

帰りにお弁当買って

 

 

 

 

1人で泣きながら食べた

 

 

 

 

 

 

お土産屋さんで

 

 

 

母の日と父の日のプレゼント

 

 

 

 

 

選んで

 

 

 

泣きながら手紙書いた

 

 

 

 

子供みたいな字で

 

 

 

 

 

昼休みは仕事場にいたくなくて

 

 

 

 

 

 

誰もおらん公園でひたすらぼーっとしてた

 

 

 

 

 

 

1時間があっという間にすぎて

 

 

 

 

 

また仕事に戻らなあかんねんなぁ…

 

 

 

 

って

 

 

 

 

ため息つきながら仕事戻った

 

 

 

 

 

友達と遊びたくても

 

 

 

 

家族と会いたくても

 

 

 

 

 

距離が遠いから

 

 

 

会うことさえできひん

 

 

 

 

 

それが一番苦しかった

 

 

 

 

 

物理的に無理やから

 

 

 

 

 

頭でこうやったらいいのになっていう

 

 

 

 

想像さえできひん

 

 

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

大阪に帰りたかった

 

 

 

 

 

 

たまの休みも帰りたすぎて

 

 

 

 

連休にしてもらって

 

 

 

 

ほとんど地元に帰った

 

 

 

 

 

帰り道も3時間ぐらい

 

 

 

 

ボーッと外の景色を見てた

 

 

 

 

往復のお金とか時間とか全く気にならんかった

 

 

 

 

 

とにかく帰りたかった

 

 

 

 

 

 

家に帰った時に

 

 

 

 

落ち着きすぎてため息がでた

 

 

 

はーよかった帰ってきたって

 

 

 

 

でも明日にはまたあそこに戻らなあかんって考えたら

 

 

 

 

つらくて

 

 

 

 

お母さんが帰りは新幹線で帰りって

 

 

1万円くれた

 

 

 

 

それが今でも覚えてる

 

 

 

 

きっと

 

 

 

辛そうなんが目に見えたんやろな

 

 

 

 

 

 

お父さんもお母さんもなにも言えへんけど

 

 

 

 

 

たぶんきっとなにかを察してなにも言わんかったんやと思う

 

 

 

 

 

 

やけど

 

 

 

俺の心は限界で

 

 

 

 

結局辞めることにした

 

 

 

 

引越し手伝ってくれたおっちゃん

 

 

 

 

自転車買うの付いてきてくれた優しい人やった

 

 

 

 

バイクのヘルメット貸してくれたバイトの子

 

 

 

たまに面談して面倒見てくれた社員の人

 

 

 

 

 

 

君は笑ってるけど時々悲しい目をしてるね

 

 

って言われて

 

 

 

すごく泣いた

 

 

 

 

バイク屋のにいちゃん

 

 

 

 

駅まで迎えに来てくれた

 

 

 

 

 

唯一地元が一緒やったバイトの人

 

 

 

優しくしてくれた

 

 

 

ご飯も連れてってくれた

 

 

 

 

 

 

みんな優しくしてくれたけど

 

 

 

 

 

ごめんなさい

 

 

 

耐えられへんかった

 

 

 

 

 

 

砂浜から帰ってきた

 

 

 

次の日ぐらい

 

 

 

 

仕事が終わって

 

 

 

 

ぼーっと天井を見てて

 

 

 

 

あー

 

 

 

 

俺はどうすればいいんやろ

 

 

 

 

もう

 

 

 

 

なにも考えたくなかった

 

 

 

 

 

あれやこれや

 

 

 

 

色々考えたけど

 

 

 

 

 

どれも自分にはできそうもなかった

 

 

 

 

そのとき初めて

 

 

 

 

自分の愚かさを知った

 

 

 

 

今まで甘えて生きてきたツケが回ってきたんやなって思った

 

 

 

やけど

 

 

 

 

もう遅かった

 

 

 

 

 

ぼーっとして

 

 

 

 

 

電気がだんだんぼやけてきて

 

 

 

 

 

 

このまま死のうと思った

 

 

その時に

 

 

頭はなにも考えられへんくなって

 

 

 

 

手と足が痺れてきて

 

 

 

 

痙攣して

 

 

 

 

息ができひんくなって

 

 

 

 

 

口から何か出てる感覚がして

 

 

 

 

目から涙がでて

 

 

 

 

 

まるで口から魂が出ていくような感覚

 

 

 

 

 

 

あー俺はたぶんこのまま死ぬんやろな

 

 

 

 

まぁいっか特にしたいこともないし

 

 

 

 

 

って

 

 

 

思った時

 

 

 

 

 

死んじゃダメ!!

 

 

 

 

って

 

 

 

 

たしかに聞こえた

 

 

 

 

 

耳はキーンって耳鳴りがしてて

 

 

 

 

 

その子の声だけが響いて

 

 

 

 

 

 

はっ

 

 

ってなって

 

 

 

 

魂が戻るような感覚がして

 

 

 

 

 

その時には過呼吸になってて

 

 

 

 

でも手足は痺れたまま

 

 

 

だんだん感覚が戻ってきて

 

 

 

 

あぁ

 

 

まだ死んだらあかんかってんな

 

 

 

って思った

 

 

 

 

 

それで

 

 

 

あー

 

 

 

大阪戻ろう

 

 

 

 

って決めた

 

 

 

 

 

 

 

戻るって決めてから

 

 

 

 

 

嫌いやった上司とか

 

 

 

 

先輩に

 

 

 

頭下げたけど

 

 

 

 

迷惑かけすぎて

 

 

 

返事もしてもらわれへんかった

 

 

 

 

 

まあ仕方ないけど

 

 

 

 

 

 

帰る時

 

 

 

お父さんが迎えに来てくれた

 

 

 

 

 

3時間もかかるのに

 

 

 

 

 

ごめんな

 

 

 

 

帰りも一言もはなせへんかった

 

 

 

 

 

話せんかったというか

 

 

 

 

話しかける言葉がなかったんやと思う

 

 

 

 

 

その時の俺は

 

 

 

 

痩せ細ってて

 

 

 

元気も覇気もなくて

 

 

 

今にも死にそうな感じやったから

 

 

 

 

 

 

 

家に帰ってきて

 

 

 

 

自分の部屋に入って

 

 

 

 

完全に戻って来た時

 

 

 

 

自分の布団で寝た時

 

 

 

 

あぁ。幸せやっておもった

 

 

 

ふつうに寝れる

 

 

 

それだけでこんなに幸せなんやって思った

 

 

 

 

そこからは1ヶ月間なにもしやんかった

 

 

 

 

なにもする気がしやんかった

 

 

 

 

 

 

働くとか無理やった

 

 

 

 

 

 

川でぼーっとしたり

 

 

 

 

公園でぼーっとしたり

 

 

 

 

1人でサッカーしたり

 

 

 

 

犬とたわむれたり

 

 

 

 

 

 

 

とにかく1人でぼーっとしてた

 

 

 

 

 

 

それから前のバイトの子に

 

 

 

 

短期でプールの監視員のアルバイトがあるからやりーやって言われて

 

 

 

 

 

暇やし

 

 

プールの監視員ぐらいできるやろ

 

 

 

 

 

みたいな感じでやった

 

 

 

 

 

 

みんな元気そうな子ばっかりやった

 

 

 

 

楽しそうやなみんな

 

 

 

って思ってた

 

 

 

 

前の自分やったら

 

 

 

もっとはしゃいでたんやろなぁ

 

 

 

って思った

 

 

 

 

 

 

そこからなんか

 

 

 

 

自分に影ができたような気がした

 

 

 

 

人と関わっても

 

 

 

どこか自分がここにおらんような感覚がした

 

 

 

 

 

それがずっと今でもある

 

 

 

 

プールのバイトが終わって

 

 

 

 

次は工場のバイトを始めた

 

 

 

 

工場のバイトとかしたことなくて

 

 

 

 

してみたかったっていうのもある

 

 

 

 

ひたすら紙を折ったり

 

 

 

 

ひたすらなんかしてた

 

 

 

 

べつにおもしろくはなかった

 

 

 

 

でも

 

 

 

1人やる気のなさそうな男の子と仲良くなって

 

 

 

ちょっと楽しくなった

 

 

 

 

でもそのうちその子が辞めて

 

 

 

 

 

俺も辞めることになった

 

 

 

 

でも

 

 

 

最後の日に

 

 

 

話したことない可愛らしい女の子に

 

 

 

お疲れ様でした

 

 

 

来年も良い年になるといいですね!

 

 

 

って言われて

 

 

 

 

 

あぁ…

 

 

 

はい

 

 

 

としか言われへんかった

 

 

 

 

俺、今日で辞めるのに…

 

 

 

 

って思ってたけど

 

 

 

ま、いっか

 

 

 

 

と思った

 

 

 

 

 

 

 

その時ちょうど年末ぐらいで

 

 

 

俺はずっと家の掃除をしてた

 

 

 

 

 

家にただいてても暇やし

 

 

 

 

 

なんかすることないかなって

 

 

 

 

掃除をしてた

 

 

 

 

でもなかなかきれいになれへんし

 

 

 

難しいから

 

 

 

 

掃除の勉強しようと思って

 

 

 

 

掃除屋さんで働けばいいんや

 

 

 

って思って

 

 

 

 

求人探したら

 

 

 

 

 

今の仕事場を見つけた

 

 

 

 

 

若い人がおらんくて

 

 

 

 

即採用やった

 

 

 

 

 

掃除の勉強したかったから仕事はすぐに覚えれた

 

 

 

 

 

 

でも3ヶ月ぐらいして

 

 

 

 

家の掃除が一通りできるようになったら辞めるつもりやった

 

 

 

 

 

やけど人が少ないのもあるし

 

 

 

時給上げてくれたから

 

 

 

辞めるのを引き延ばしてた

 

 

 

 

 

1年が経ったぐらいで

 

 

 

 

実家におるのが苦痛になってきた

 

 

 

 

なんか親が嫌とかじゃなくて

 

 

 

 

 

自分はこのままでいいんやろか

 

 

 

 

もっとなにかできるんじゃないかって

 

 

 

 

 

なんか消化不良な気がした

 

 

 

 

 

 

それで一人暮らしすることにした

 

 

 

 

一回して

 

 

 

失敗したけど

 

 

 

 

今度は失敗せえへんぞって

 

 

 

 

お金もちゃんと自分で計算して

 

 

 

節約もして

 

 

 

 

家事もして

 

 

 

 

自分のことは全部自分でやってみようと思った

 

 

 

 

自立したかった

 

 

 

 

でも掃除屋さんのお給料だけやったら足りひんから

 

 

 

 

夜にアルバイトすることにした

 

 

 

 

それが今の居酒屋で

 

 

 

 

 

そこで今の彼女に会った

 

 

 

 

初めて彼女に会った時に

 

 

 

 

この子やったら結婚してもいいなぁ

 

 

 

って素直に思った

 

 

 

 

 

 

でも向こうは自分のこと好きそうじゃないから

 

 

 

 

 

 

違う子と付き合って

 

 

 

 

そしたら彼女が自分のこと好きかもしれへんような雰囲気やって

 

 

 

 

 

そこからごちゃごちゃってなって

 

 

 

 

 

結局今の彼女と付き合うことになった

 

 

 

 

 

 

色々あったけど

 

 

 

それがなかったらたぶん逆に付き合ってないと思う

 

 

 

 

 

奇跡的に付き合うことになって

 

 

 

 

奇跡的にうまくいってる

 

 

 

 

彼女のことは大好きで

 

 

 

 

してほしいことがあったら

 

 

 

 

 

 

なんでもしてあげれる

 

 

 

 

 

 

愛してる

 

 

 

 

掃除屋さんも続いてて

 

 

 

お金も困らんぐらいにはお給料もらってる

 

 

 

 

 

 

あの時から約3年

 

 

 

 

色んなことがあった

 

 

 

 

 

なんで俺はここに辿り着いたんやろう

 

 

 

 

 

たぶんどれか1つでも欠けてたら

 

 

 

ここにはおらんと思う

 

 

 

 

 

 

違う運命なら違う運命で同じこと言うかもしれへんけど

 

 

 

 

俺は今幸せやと思う

 

 

 

 

次はどこに進めばいいんやろう

 

 

 

 

どこに進むのがいいんやろう

 

 

 

 

 

 

たぶん正解とかなくて

 

 

 

 

行き当たりばったりなんやろな

 

 

 

 

 

 

行き止まりになるまで前に進んで

 

 

 

 

ぶつかってから次の進路を決めるんやろな

 

 

 

 

 

 

 

そういう人間や俺は

 

 

 

 

 

バカやねんな

 

 

 

 

先のこと考えられへんから

 

 

 

 

終わらへん洞窟を

 

 

 

 

 

 

ひたする彷徨ってる感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

でもなんか書いたらちょっとスッキリした

 

 

 

 

 

 

 

たまには過去を思い返してみるのもいいな

 

 

 

 

 

 

 

長くなったけど

 

 

 

 

 

 

そんな感じ

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

ほな